スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z34 USB充電ポート取付け(性能確認)

前回で取り付けと簡単な充電確認をした。

若干性能に不安があったためタブレットを接続して充電してみることにした。
DSCF2666a.jpg DSCF2670a.jpg DSCF2669a.jpgOK??
iPhone5sでは当然問題なかったが、2.1Aを本当に出せるのか手持ちのiPad3とNexus7 2013を使って検証。

双方ともバッテリ残約50%で接続。
iPad3 = 0.97A
Nexus7 = 0.66A
同時接続 = 1.84A

充電電流は変動するので参考値だが、充電停止開始を繰り返すことも無かったのでタブレット2台を接続しても充電は出来そうだ。バッテリのヘタリ具合や充電スタート時の残容量等条件は種々あるので一概には言えないが。

2.1Aとの表記は最大瞬間値だと思われるので連続使用するなら6-7割(スマホ2台 or タブレット1台)に抑えておいたほうが無難だと思う。

Z34 USB充電ポート取付け(実装編)

前回は買ってきたケーブルを加工して2ポート化までだったが、今回はそれを実装する。

DSCF2600a.jpg DSCF2602a.jpg取出位置調査
取り出すのはアクセサリー電源から。Z34にはj標準でシガーソケットが助手席足元とセンターコンソールの中に付いている。助手席足元のはドライブレコーダとスピード違反防止用レーダ探知機(オカルト検知器と最近揶揄されてるがw) に使っていたので、センターコンソール用シガーソケットケーブルから取り出すのだが、カップホルダを取って見たけどかなり奥まっていてとても接続できそうにない。
コンソール全部外せばいいのだが、かなり面倒なので、そのケーブルを追いかけていくと、ちょうどエアコンパネルの裏というか下の接続点があったのでそこから分岐することにした。
DSCF2623a.jpg DSCF2626a.jpg配線
入力側は運転席側を通して前まで持っていってさっきのコネクタの黄色いケーブルに+を割り込ませる。マイナスは適当なボディにつながっていそうなところに共締めして終了。
DSCF2630a.jpg確認
どうも頼りない製品なので、本格的に充電させる前に簡易テスターで電圧電流を測定する。
開放電圧は5.02Vといやな予感が的中。普通、電圧降下を加味してUSB電圧上限ギリギリの5.2V位に設定しておくべきだろう?これじゃ電圧に微妙な携帯とか無理っぽい。
DSCF2633a.jpgiPhone5s
とりあえず手持ちのiPhone5sを繋いでみたが何とか充電は出来そうだ。しかし7インチupの泥タブとかiPadを安定充電させられるとは思えない

iPad3とNexus7を持ってるので後日追加検証予定

DSCF2629a.jpg DSCF2628a.jpg完成
ケーブルを整線してカップホルダーとシフトノブの枠を戻して完成。
本当はインジケーター(使用可能ランプ)を埋め込んで裏から光らせようと思ったのだが、うまく分解出来なかったのでダミーのランプを買って来て挿しておく。これはこれで埃侵入防止になっていいかも。オレンジは売ってなかったので中2病っぽいブルーにしたがw

Z34 USB充電ポート取付け(準備編)

以前から車で移動中に携帯とか充電するのに市販のシガーソケットを両面テープで貼り付けていた。
DSCF2585a.jpg現状
あまりいい場所がなくて助手席側に付けていたのだが、助手席の人に[ベルト付けづらい]とか[シート動かせないので邪魔]とか評判がよろしくなかったし、夏はテープが剥がれて落ちるてこともしばしば。

仕方ないので(笑 空いたスイッチにUSB充電用ポートを増設してみた。
DSCF2590a.jpg準備品
用意したのはエーモンのスマ3と言う1ポートで2.1A出力可能なモノ。最低でも2ポート欲しかったのだがいい製品が見つからず仕方なくこれを2個買って来た。
DSCF2588a.jpg DSCF2589a.jpgカップホルダ
取り付け位置はセンターコンソールのカップホルダー前に付いてるダミースイッチのところ。2ポートなので、VersionT,ST,ロードスターには無理(シートヒータL/Rのスイッチが付いてるので空きは真ん中だけ)。1ポートなら可能。
スナップで止まっているだけなので内装外しでバキバキやれば簡単に取れる。
DSCF2592a.jpg DSCF2604a.jpg仮組
買ってきたモノが付くかどうか一旦ハメてみる。少しスキマがあって光が漏れているのが微妙。
DSCF2614a.jpg DSCF2618a.jpg分岐ケーブル
2ポート化するので、付属のDC-DCコンバータから先の線をブッた切ってハンダ付けする。基本、車にハンダ付けしたケーブルは使わないのは常識だが(振動でクラックが入り割れる)、面倒なので自己責任でハンダ付けした。
DSCF2615a.jpg問題点
この製品、5V出力側のコネクタとケーブルが非常にちゃっちくて出口ですぐ切れそうだし、とでも2.1A安定して流せる太さではない。振動とか熱とか含めてマージンを持って設計しているのか甚だ疑問。
DSCF2620a.jpg DSCF2621a.jpg完成
2又化したケーブルを空きポートにハメて完成!! と思ったが、ただ「つけました」じゃ面白くないので、お約束のカーボンシールを張ってみた。カーボンの模様の方向があるのでちょっとだけ気は使ったが。入力側のケーブルは5mm径約60cmのコルゲートチューブに通したほうが見栄えもそうだが配線がしやすい。


次回は電源取り出しポイントとか含めた実装編。
乞うご期待

国内A級ライセンス取得

メインPCが不調でwindows updateかけると必ずブルーバック(stop:0x7e)になってしまって
大昔のバックアップから戻して少しづつupdateかけてるんだけどまだ完全に直ってないので
とりあえず少しだけ更新。

5月中頃から、夏のサーキット走行に向けてZ34のパーツを頼んでたんだけど、全然納期が間に合わなくて
結局ブレーキパッド交換だけで「ツインリンクもでぎ」でA級ライセンスを取ってきた。
DSCF3228a.jpgPITにてw
ほんとは装備準備編、当日編とかで3つくらいアップする予定だったんだけど、メイン以外のノートとかには
まともな写真/動画編集ソフトが入ってないのでちょっと断念。

ほかにもネタはあるんだけど、いかんせん画像編集がうまくいかないので保留中w

DSCF2438a.jpgライセンス
これが試験後4週間くらいで送られてくるFIA公認のA級ライセンスのカード。
試験の時に同時にオフィシャル(審判)3種類の申請もしておいたので一応オフィシャルも出来るようになったv


とりあえず今回はこれだけw
メインマシンが直ったら本格的に当日の走行動画とかアップしますm(__)m

ライセンス

ちょっと前に久々に飲み会に顔を出してきた。
まだ、昔のようにガブ飲みヘベレケコースはムリだが、食事制限もなくなってるし、まぁ付き合い程度なら飲めるまでは回復してきた。

そこで色んな話題が出たが、とある後輩社員がバイクと猟銃!!の免許を取ったそうだ。
バイクなら、まぁ自分も乗ってる(冬は医師からダメ出しされていたが、そろそろバイクOKが出る)ので、へぇぇ~取ったんだ、じゃあ今度ツーリング行こうぜって話になったが、さすがに銃(gun)の許可証を取ってたのには驚いたw
しっかり2発式のショットガンを持ってる。10万円程らしいw
shootogun.jpgイメージ
で、何するん?って聞いたら、猟友会とかには入ってないけど、クレー射撃を嗜んでるとか。
玉は1発50円程と、思ってたより安いが、1回射撃場に行って撃ってると100-200発位使うから1万円くらいだと言ってた。バイクにショットガン積んで走ってるらしいが、さすがにむき出しで肩に背負って走ってはないとか。

おいらなら、フルスモークのメットに皮のツナギに夜叉とか鬼の面とか刺繍したのを着て背負って走るけどねwww


で、それにちょっと触発されて、何かライセンスでも...と思いついたのがレースのライセンス。
レースっても、今更プロになってどこかのチームと契約して走ろうってのではなく、とりあえずは簡単な走行会からちょっとした草レース程度のイメージ。
それに出る為には、車はもちろん、ライセンスも必要なので、とりあえず国内A級ライセンスを目指すことにした。

ライセンスの種類はおおまかに
1.国内B級(国内ラリー、カート)
2.国内A(国内競技)
3.国際C(国際ラリー)
4.国際B(ルマン、SuperGT)
5.国際A(GP)
6.スーパー(F1)

昔は国内Bを講習で取って、JAF公式認定の競技会に出なければならなかったようだが、最近は「JAF公認サーキットにてスポーツ走行の経験が50分以上あり、サーキットからの走行証明書を所持している」ことでいいことになっている。
これを合宿免許みたいに、講義、筆記試験、実技を1日で取れるセットをウリに出してるサーキットも多いので、これに参加して一気に取ってしまおうという作戦。

DSCF3206.jpg実績
50分以上の走行実績...と思ってたら、去年末に参加したNISMO大森ファクトリー主催のサーキットレッスンがあったけどあれってどうなんだろうと思って富士スピードウェイに確認したら「大丈夫ですよw」ってあっさりOKが出た。

案外ルーズなのね(ボソッ

ってことで早速「走行記録証明書」を郵送してもらった。
なんとタダw (まぁ、FSWのサーキットライセンス自体結構いい値段するのでこれくらいサービスしてくれないと)。

これを持っていけば、講義と筆記試験だけで取れるってこと。
でも、どうせ行くのなら走ってみたいので「スポーツ走行あり」のコースに申し込んでみよう。

Z34 牽引フック取付け

サーキット走行準備の時にちょっと触れたかも知れないけど、サーキットを先導車無しでフリー走行する時は最低これは準備してねってモノがある。

1.ヘルメット
2.レーシンググローブ
3.レーシングスーツ
4.レーシングシューズ
5.牽引フック

とりあえずスーツは作業用のツナギ、シューズはジョギング用で急場をしのいだが、牽引フックを取り付けた時に、これはダメじゃね?って思ったのでこの前買って取り付けてみた。
DSCF2320_201502041806160b2.jpgフック
上が純正、下が社外品。明らかに長さが違うw

純正品を取り付けると酷いことになる。
DSCF2322_201502041806172b3.jpg DSCF2323.jpg添付品
NISMOはここに取り付けるのだが、長さが足りないせいで完全に締め込むとめっちゃ奥に入ってしまう。
ここに牽引ロープを掛けて引っ張ると、確実にバンパーをガリるのは目に見えてる。NISMOはバンパーが長いのに純正用を添付しておくってなんなん??日産(AUTECH)さんよぉ

ってことでアクセサリでないちゃんとした?社外品を取付けた。
DSCF2326.jpg社外品
あ~付けたんだ、よかったね(^^)





で終わりだと思ったが、コイツにも罠が...
DSCF2324.jpg干渉
ロープを取り付けるためのわっかが微妙に大きくて、立てる(使用状態にする)とナンバーに当たってガリってしまう。ナンバーのネジを緩めて左いっぱいまでズラしてみたがやっぱりダメ。

ってことで台座を取り外して加工した。
DSCF2369.jpg DSCF2373.jpg穴加工
ナンバーを取り付けるのにナット付キャッチが付いてるのだが、これがほとんど動かない。なのでヤスリを使って強引に左方向に3mm程削ってみた。
DSCF2375.jpg DSCF2376_20150204180649c32.jpg比較
左いっぱいまでナットが動いたので、これでイケるだろう。
DSCF2381.jpg DSCF2380_201502041807094ff.jpg DSCF2385.jpg完成
この台座でナンバーを取り付けると...おお、いい感じ。真上にハネ上げても干渉することは無くなって一件落着。
ついでにネジもボディカラーに合わせて黒にしておいた。色も微妙に紫っぽかったので日産用スーパーレッドN-11に塗装。

他のメーカーは無加工でイケるかもしれない。

ちなみに、NISMOでも牽引フック取り付けのメニューがあるが、これはセーフティキットのセット品なので単体販売しません(キリッだそうだ。
せっかく買ってやるって言ってるのに。ケチ...

費用:約20.000円


ちなみに、サーキット走った時の様子がNISMOのページにあります。自分は下の方の4台の走行シーンの右上のR32さんの奥に小さく映ってますwww
ほんと、ひどいヘビーウェットでしたよ~

サーキット走行(本番)

事前準備は整ったので、いよいよ本番走行。

集合が朝08:00だったので、通勤渋滞とか巻き込まれて遅刻するのがイヤだったので御殿場のビジホに前泊。
DSCF3112.jpg東ゲート
ついでに入場する東ゲートの場所も確認しておいた。


当日は...予報通り冷たい雨。気温4度、ちらちらと小雪が舞う最悪なコンディション
DSCF3117.jpg講義
午前中はライセンス取得者用の講義と、パイロンスラロームの説明。
DSCF3120a.jpg DSCF3121.jpg走行前チェック
その後はゼッケン貼り付けとか車両の再チェック。
DSCF3132.jpgP2エリア
パイロンスラロームは雨なこともあり、スピン、アンダー、止まらないの3拍子。コースの目印もわかりずらかったので全然ダメダメだったw

昼食後、いよいよフリー走行30分x2開始。
DSCF3134a.jpg本コースin前
しかし4駆勢多し。特にR35が一番多かった。どんだけ金持ちやねんって感じw
最初は完熟走行で1-2周して、徐々にペースを上げていくのだが、いかんせん、冷たい大雨なので車が全然言うことを聞いてくれないし前も全然見えない。
1コーナーもブレーキングポイントが読めずに2回ほどコースアウトしたwww

1回目が終わったら一旦ピットinしてクーリングと車両整備をする。
心配だった油温もこの天気では全然問題なし。普段の峠ともスピードが違うのでよく冷えて110℃ほどで安定。オイルクーラーは特に必要なさげ。
エア圧もほとんど上がらなかったが、以外と盲点だったのが、ホイールナットの緩み
走行前に11knで締めていたにも関わらず結構緩んでるナットがあった。特にフロント。
少しブリーフィングしたら2回目開始
動画
ドラレコで撮ってたのを編集してみた。
まぁ、車ではサーキット初めてなのと悪コンディションで相当ヘタレな感じになってますがwww

やっとコツが掴めてきたかな??ってところ[FINISH]のサインが出たのでパドックヘ。
DSCF3154.jpgダスト
走行後のチェックをしていたら床にこんな汚れが。
オイルの色でもないし、これは...?と思って考えたら、ブレーキパッドのダストの色だ。雨とは言え200km/hからフルブレーキを何回もしてるのでダストも大量に出るんだね。
DSCF3153a.jpgお疲れ
後片づけとかやってたら、あっと言う間に真っ暗。今日はバタバタで時間が経つのが早い早い。
最終ラップタイムを見たらFR勢では2番手にまで上がってた。

帰りの高速も大雨だったが、サーキット疲れもあってノンビリ走って帰った。
DSCF3160.jpgライセンス
今回は準備やら何やらで17万ほどかかったが、次からは2-3万円/回で済みそう。
次回はぜひドライでどれくらいイケるか確認しでみたいね。
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。