セロー30thアニバ ツーセロ化

少し前にゲットしたセロー30周年記念モデル
最近はフトコロ事情が芳しくないので新車はパスして極上の中古を買ったのだが、スクリーンやハンドルガード等のオプションがまったく付いておらず実使用にはかなり難があるのでオプションを付けてツーリングセローもどきにしてみよう。

ツーリングセローとは言ってもノーマル車にYSPのOptionが4つ付いているだけなのだが
1.アドベンチャースクリーン
2.ハンドルガード
3.アドベンチャーリアキャリア
4.アルミアンダーガード
合計82.000円
ほど。

それほど取り付けは難しくないので単品で通販で調達してきてもいいのだが、ブラッシュガードとキャリアは好みではない、というか前の状態に戻したいので別モノをチョイス。

ハンドルガードはブラッシュガードに変更、リアキャリアは鉄製で錆びるし重いので、ラフアンドロードのRALLY591(RY59125:アルミ製)にする。

アドベンチャースクリーンとブラッシュガードは男爵(REDBARONの通称)で付けておいてもらって、キャリアとガードを付ける。
DSCF2638_201607242137205c6.jpg DSCF2639.jpg DSCF2640_20160724213723914.jpgガード
このガードからしてクセモノで、車体側にゴムとカラー(スペーサー)を付けるのだが、ゴムは板の形状に合ってなく両面テープもすぐ剥がれるし、カラーもネジを締めようとするとコロコロって転がっていってイライラする。カラーは接着剤を塗ってすぐ取り付ければ、次回以降イライラすることはない。

で、問題だったのがリアキャリア。
ダンデムパイプを外して、ベースプレートを取り付け、その上にキャリア本体を付けるのだが、、、
DSCF2643_20160724213741e0b.jpg DSCF2645_20160724213744a25.jpg DSCF2644_20160724213743e03.jpgベース取付
ベースは簡単に付いたが、キャリア本体を付けようとしたら

DSCF2652_20160724213636b5a.jpg DSCF2651.jpgん?
キャリアの取り付け部とベースプレートの間に左右5mm以上のスキマがwww
これ添付のワッシャ1枚でどうにかなるわけねぇよと思いつつネジを締めて行ったら、レンチが段々軽くなってきたのでおかしいなぁと思っていたら
DSCF2655.jpg(´;ω;`)
バキッって音と共にボルトの頭が折れたw


やっちまった(´;ω;`)


...泣きながら必死でボルトの芯を取って、ホムセンに買いに行きましたよ、ええ。
DSCF2646.jpgネジとか
色々試行錯誤して、スプリングワッシャ + ワッシャ + M8x30mm のボルトで何とか解決。
DSCF2656.jpg DSCF2657_201607242137194f5.jpg結果

ったく、モノ売るって言うレベルじゃry

DSCF2641_20160724213725fc0.jpgstep
4点セットは付いたので、オマケでワイドステップ。これは前の初期型250に付けていたのを外して流用。


とりあえずこれでフツーに走りに行ける状態にはなったが、まだまだ付けたいモノがいっぱいあるので、それは次回以降のお楽しみと言うことで。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク