スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z34 NISMO カスタマイズ(ドライブレコーダー編その1)

最近タクシーとか社用車とか、個人でもドライブレコーダーを付けている人が多くなってきた。
ちょっと前までは画質も悪くパラパラとコマ送り映像だったが風景撮影用ビデオ代わりにも使えるほど画質も記録時間も向上してきている。
前から興味はあったものの買うまでもないかな?と思っていたがポイントとか使ってかなり安く(1万ちょっと)買えたので付けて見ることにした。

DSCF2068.jpg DSCF2069.jpg DSCF2070_201409252308501f5.jpg本体
Y社製の小型ドラレコ DRY-mini2WG。常時ループ記録+GPSで位置記録+Gセンサで衝撃感知時記録とエントリー機としてはなかなかの性能。
ブラケット兼GPSアンテナ別体式。本体を小型化したのでGPS系のパーツが収まりきらなかったのだろう。

DSCF2094.jpg DSCF2091.jpg電源ケーブル
付属のシガーチャージャーがデカくて邪魔だったので、シガーUSBチャージャとUSBケーブルで電源を出来るだけシンプルにしようと思っていたのだが、手持ちの3-4種類のUSBチャージャ(iPad対応含む)とか、家で使っている携帯とかの充電用AC-USBチャージャではどうしてもうまく起動してくれない
付属のでは当然ながら起動する。差し込み口はmini-USBのコネクタは使っているが、どうやらUSBの規定値(5V±5%)より高めに設定されているようだ。仕方ないのでオプションのUSB電源直結コードを購入。

DSCF2075.jpg DSCF2074.jpg位置決め
ベストなのは視界の邪魔にならないルームミラーの背面なのだが、Z34はルームミラー裏に黒いボツボツみたいなのが印刷?されていてこれがドラレコの録画映像にモロに映り込んでしまう。ちょっと気にはなるが場所を移動させて固定。


DSCF2095.jpg DSCF2100_20140925230952703.jpg DSCF2102.jpg DSCF2103.jpg DSCF2098.jpg配線
工具別とかモロモロ準備して配線開始。
最初は本体からフロントガラス-ルーフの間を通す。ここは狭いと思ったがかなりな隙間があって逆にケーブルが中でブラブラするくらい。次はAピラーの隙間に押し込んでダッシュボードまで通す。これも多少隙間があって意外とすんなり通った。
一番面倒なのがダッシュボード->コンソール裏まで。色々外して無理矢理押し込んだ感じ。途中ケーブルタイ(タイラップ)で何か所か止めておく。

DSCF2104.jpg電源
ACC電源ケーブルから分岐コネクタを使って電源に接続。レーダー探知機も同じラインを使ってるのでゴチャゴチャになってるが、全部まとめてインパネ裏にムリクリ押し込んで終了w

DSCF2110.jpg起動確認
バラした内装とか元に戻す前に一応起動確認。衛星マークと[REC]マークが表示されて記録が開始されればok。


次回は試験走行とか色々気になった点について。
乞うご期待。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。