スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴子でプチ湯治(その2)

昨夜は温泉で温まったとはいえ、乾燥するのがいやで暖房を切って寝たもんだから寒さで目が覚めた。外は相変わらず雪。部屋で天気予報を見ていたが最低気温が-11℃だったとか。そりゃ寒いわけだ。
DSCF7461.jpg DSCF7458.jpg陰陽師
寒いときはやっぱりフロっしょ?ってことで陰の湯と陽の湯をハシゴする。あかり取りの○い窓が三日月なのが陰の湯。温度は同じ位だが備長炭入りの陽のほうが合うかな。
DSCF7469.jpg朝食
朝食は食堂。小人数のグループはここで一緒に食べるシステムだ。内容は一般的な旅館の朝食。シャケに東鳴子特産のシソ巻きが付いていた。昨日買わなくてよかったw

完全武装したら温泉巡りに出発!
DSCF7474.jpgMainStreet
相変わらず誰もいないメインストリートを歩いて駅まで。
DSCF7486.jpgん!
駅についてみると何やら雰囲気が違う。運行見合わせが何とか言ってる。聞くと鳴子温泉駅止まりで先の中山平は行きません。運転する見込もないし振替もしませんとか。おいおい、やる気あんのかよ!と言いたかったが大雪だし。仕方なく鳴子温泉駅まで。
DSCF7518c.jpg DSCF7481.jpg DSCF7483.jpg鳴子
ふむ、ここが鳴子温泉駅か。ライブカメラで見た通りだぞと思っていたのも束の間、外に出ようとするも吹雪。とりあえず観光案内所で「湯めぐリチケット 手形付」を1500円でGet。シリアルNo.3398っていつからの通し番号だろ?
さてどうするかな…
DSCF7489.jpg玉子屋
お茶の時間帯に入ろうと思っていたが、中山平に行けなくて予定が狂ってしまったので「おかしときっさ たまごや」で計画練り直し。リンゴタルトとコーヒーをいただきながら、さっきgetした観光案内パンフでポイントとルートを確認。マスターになるこちゃんストラップのことを聞くと「あれはね…それより、昔から作ってるのが色々あるから、そっち見たほうがいいと思うよ」とおっしゃる。成程一理ある。
DSCF7492.jpgDSCF7491.jpg鳴子ホテル
まずはお目当ての「なるこちゃんストラップ」をGetしに鳴子ホテルへ。ぐるっと探すも売店がないのでフロントに聞いてみると閉めてるらしい。なるこちゃんストラップがほすぃんですけど…(なるこちゃんストラップはここと岩下こけし店にしか売ってない)と言ったらお姉さんが売店を開けてくれた。わざわざ開けてもらって1個だけ買うのも申し訳ないので3個ゲット。Thanks >naruko hotel!
DSCF7495.jpg滝の湯
次は共同欲情、じゃなく浴場の「滝の湯」。共同湯2件のひとつで青白い硫黄系の湯。この寒さでも湯温高め。打たせ湯はぬるいが、浴槽のほうは夏ヤバいかも知れない。6枚つづりのチケット1枚サヨナラ。

さっきのマスターの話し通りちょっとこけし屋さんに寄ってみたが、この天気もあるけど店内は薄暗く、大小のこけし達がずらっと並んでいるのを見ると不気味なものを感じてすぐ出てしまった。

関係ないが、こけし作る人ってヤらしいコト考えな…<||`Д´>コラッ!!

DSCF7499.jpg吹雪
町内を歩いてたらいよいよ風が強くなり屋根に積もった雪が飛ばされて吹雪っぽくなり視界が悪い。ヤバイな~こんな調子で雪が降ったらマジで帰れないぞw
DSCF7503.jpg天井桟敷
共同湯2件目は「早稲田桟敷湯」何でも早稲田の学生が実習で掘り当てたとか。滝の湯は木造の昔からの銭湯ちっくな造りだったが、こちらは全館モダンな黄色のコンクリート。泉質は同じく硫黄系で熱めの湯。タトゥーな親分がいらっしゃったのはご愛嬌。チケット2枚消失。


早朝から数えて4湯め。ちょっち疲れてきたのでここで小休止。
怪しい?スイーツ屋さんに寄って行こうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。