スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曾飛騨ツーリング第1日目 - 馬籠/妻籠 -

11月1日
一昨日の夜はトラブル対応で昨日の昼過ぎまで仕事で帰れなかった。
午後ようやく会社を抜け出したら、5倍辛カレーを喰って気合入れて帰宅。眠いのだが全くツーリングの準備が出来ていなかったので、速攻でバイク屋に走り磨り減ったタイヤとガタガタのチェーン、スプロケ前後を交換。チェーン込みで約8万円。出発前日にこの出費は強烈な痛手(^^ゞ
ヘルメットの中でアクビを連発しながら帰宅。何とか準備をして死んだように寝たらソコソコ回復した(^_^)v

08:00 自宅出発しN氏と合流した後、中央道 調布ICへと向かう。中央道に乗る時は相模湖から乗ることが多いのだが、今回はちょっと趣向を変えてみた。以外と早く乗れたものの予想通りの渋滞。ったく日本人ってのは単純だ。皆と同じじゃないと不安でしょうがないのだろう。同じような趣味志向と同じような行動パターンを取る輩が非常に多い。
そんな連中を尻目に談合坂SAに到着。

DSCF4980.jpgDSCF4979.jpgDSCF4981.jpg今回のメンバー
今回のツーリングは5人。CBR250のN氏、ハーレーのOK氏とF氏、そしてBMWのOH氏だ。もう2、3人声を掛けていたがこの人数で落ち着いた。もっともこれ以上多かったら宿が取れなかったので幹事としては逆によかったり(^^ゞ
渋滞で遅れたOK氏が到着したので全員で出発する。

かつP達のツーリングスタイルとして、高速では「目的地を決め各自のペースで移動する」のがお約束となっている。
下道は集団で走るのも仕方ないが、高速では各自微妙にペースが異なるので長時間はストレス。だから目的地を決め、トバしたいヤツは勝手にトバし、のんびり走りたいヤツはのんびり走ってヨシとしている。

12:00諏訪湖SA到着。寒っ!
談合坂あたりはまだ暖かかったのだが、韮崎あたりから急に寒くなってきた。
ここで昼食としたかったのだが、めちゃ混んでてかなり時間がかかりそうなので次の小黒川PAに向かう。
DSCF4989.jpg昼食
13:00ようやく昼食。ここはソースカツ丼と馬か丼(馬肉なのでうまか~・・・って、まんまやんけ!)が名物らしい。他のメンバーはそれっぽいのをオーダーしていたが、かつPは「ガッツリ食べたい人に」の牛丼そばセット。予想外に多くてキモくなってしまった(^^ゞ
DSCF4991.jpg余裕
恰幅の良いOK氏はペロっと喰ってさっさと離席。どこへ行ったのかと思ったらなんと生乳アイスをゲットしていた。暑いしとか言ってる。さすがだぜ、ベイべー。
落ち着いたら出発。

14:30 中津川IC到着。府中に09:05inしたので5.5Hr。自分一人だとあまり休まずにズルズル走ってしまうので4時間弱で到着していたんじゃないかな?

さて、今日の第一目標は馬籠宿だ。
ここは以前から来てみたいと思っていたので今回ようやく夢が実現した。まあ今回幹事ってこともあって個人的な趣味で勝手にルートを決めたのだが(^^ゞ

IMG_1271.jpg路地
その昔中山道の宿場町でそれなりに賑わっていたようだが、時代と共に徒歩>電車>車と交通手段が変化したためメイン道路から外れてしまった宿場町。一時期は衰退の一歩と辿っていたのだが、古き良き日本の宿場町の面影をしっかり残そうと保存運動が高まりようやくここまで復活したらしい。
IMG_1282.jpg百草丸
IMG_1292.jpg石畳
IMG_1300.jpg紅葉
DSCF5000.jpg五平もち
IMG_1298.jpg道祖神
路地を散策しながら夢中で写真を撮りまくる。
昔ながらの旅宿(はたご)の雰囲気が良く残っている。建物もそうだし通りの石畳もいい感じに残されていた。標高もすこしあるせいか、街中の楓も紅葉している。
町のあちこちに「五平もち 100円」などと書かれているのでちょっと寄ってみる。
出てきたのは普通に丸い団子。これって「みたらしだんご」じゃねーの?と思ったが(後で意味が判明する)お茶とセットで頂いた。
最後に出会ったのが町外れにひっそりと立っていた「道祖神」。長野を旅していると、町はずれによくこのような道祖神が立っている。目的と言うか、設置の理由としては「お地蔵さん」と同じ(?ちょっと自信なし)で旅する人の安全や、五穀豊穣、家庭円満を願う意味があるようだ。長野と同じく、この辺りでも男女一対の像が時々見られた。

・・・と色々思い巡らしながら写真を撮っていたら、すっかり一人になってしまった。慌てて下に降りて行くと、先に行っていたOK氏とOH氏が呆れて土産物まで買っていた。いやぁ失敬失敬(^^ゞ


すっかり日が傾いて来たので宿に急ぐ。馬籠宿から宿がある妻籠までは約15分。
今日の宿は「こおしんづか」だ。
妻籠の町からは少し離れているが、手配の関係でここになった。
DSCF5022.jpgIMG_1310.jpgこおしんづか
ここは家の中に囲炉裏があって、田舎の家って感じの懐かしい雰囲気満点。

宿に着いたら普通なら荷物を降ろしてゆっくりているところだろうが、かつPにそんなヒマは無い。妻籠の夜景を撮りに行くのだ。メンバーに呆れられながら一人バイクで出発。寒いっ!
DSCF5010.jpg妻籠宿
彼らには言ってなかったが、今回のツーリングの目的の2つの内、1つはここの夜景を撮りに来ることだったのだ。重い一眼カメラとレンズ、長い三脚ををわざわざ積んで来たのはそのため。
IMG_1321.jpg路地1
まだ7時前だが、観光客と思わしき人影は皆無。時折地元の人が通りかかるだけで怖いほどひっそりしている。ちょっと間違ったかな?と思って立看板を確認するが間違いではないようだ。
調子に乗ってバシバシ写真を撮る。
IMG_1330.jpg路地2
IMG_1319.jpg路地3
IMG_1320.jpg路地4
昼の喧騒はここに無く、あるのは静寂のみ。路地を一人歩いていると、時折家の中から人の小声がするものの会話の内容までは聞き取れない。
気温は10℃以下だろうか吐く息も白い。星も綺麗に瞬いている。北海道以来かな?こんな静かな場所に一人立っているのは・・・

なんてことをブツブツ言いながら、いい歳したオサーンが暗い路地裏でジトーっと写真撮っているのはどう見てもアヤシさ満点。都市部でこんなことやってたら「通報すました!」ってな目に遭っているだろう。
満足して宿に帰ると夕飯。

DSCF5016.jpg宿主
DSCF5012.jpg夕飯
山菜の天ぷらとか、そばとか、味噌汁(これがウマかった)、山女などなど。
途中で買ったにごり酒、宿主の木曾節を肴に静かに夜は更けていった。



DSCF5525.jpg本日の獲物
信州レンジャー & ヒダレンジャーストラップ。
両方どこかで見たようなキャラ(ヤマナシマン&ライチョウレンジャ-)に似ているのは気のせいか・・・


本日の走行:340km
総走行距離:340km
関連記事
スポンサーサイト
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。