白血病入院生活(Day127) 骨髄移植実施

12/20 Day127(4T-Day13)

昨日は休憩だったが、いよいよ今日が骨髄移植の本番。

ちなみに現在のデータ
白血球(3300-9400) 190
赤血球(414-534) 214
ヘモグロ(14-17) 8.5
血小板(18-39) 1.7

前処置までは白血球5100までせっかく回復していたのにあっと言う間に極限まで下げられちゃった。

朝から前処置のステロイド剤、アレルギー抑制剤、ハプトグロビン(血液型が変わるので血球が大量破壊されて腎臓に負担がかかるのを抑制)の投与をされる。
1900 到着していた骨髄を、処理後投与開始。
IMG_1422.jpg精製骨髄液
赤いには赤いが、赤血球とか生骨髄よりちょっと薄い感じ。120ccと少ないようだが血液型が違うため精製したのでこんなものらしい。

血液内科のDr.3人がかりで慎重にやって投与自体は約50分で終了。この前みたいに変な痙攣とかショック症状も無くて良かった。だた栄養剤とかとは違って、投与したからといってすぐに気分良くなったりとかの感覚は全然ないw

移植成功と言えるのは、ドナーの骨髄君が増加してくる約2週間後。それまでは慎重に様子見。
スポンサーサイト

白血病入院生活(Day124-125) ギリギリ

12/18 Day124-125(4T-Day10-11)

12/17
エンドキサン2日目。
下痢が激しくなって、隣にある簡易トイレにも間に合わず少し粗相をしてしまった。夜中に泣きながら洗って、朝、ナースにカミングアウトしてクリーニングへ出してもらた。

夜、隣の部屋でペンな物音がしたな?と思ってたらトイレ中倒れて意識を失ったらしい。館内にドクターコールが流れると、Drやらナースかワラワラと集まって来た。10分程で意識も回復して大事には至らなかったようだ。
隣でそんな大騒ぎされるとこっちまで具合悪くような気が不安に襲われた。


12/18
移植前全処置最後の治療日。
午前中は点滴、ケーブル交換シャワー、室内クリーニング、シーツ交換とダルダルの病人にはウザくて仕方なかった。

午後、サイモグロブリン(対GVHD免疫抑制剤)の投与が始まったのだが、激しい寒気、全身の震えというか痙攣が来た。
胸も苦しくなって来たのでギブアップ。
メグメグがステロイドの注射したらすぐ収まった。ステロイド剤打たれた瞬間、全身に電気のようなものが走った。これもヤバイ薬みたい。
これらはサイモの副作用だそうだ。想定内でよかった(´▽`)

しばらくしたら起き上がれるようになったのでよかった。あと一歩で移植なのに、ここでくたばるワケにはいかんぜよ!!

白血病入院生活(Day123) 追い打ち

12/16 Day123(4T-Day9)

放射線照射は先週で終了。土日は休憩だったがカラダのダメージは大して変わらず、倦怠感と口渇がある。

今日から大量の抗がん剤投与。
エンドキサンと言うのだが、これがまたキツイ薬のようで、先の状態+頭痛、眩暈、下痢が襲って来た。視界も少し暗いので頭痛と眩暈は激しい貧血由来だと思われる。
ただでさえダルダルだったのにそこへ追い打ちをかける様な投与。ご飯もロクに食べて無いのでもうヘロヘロでベッドで起きているのさえも辛い。

しかしここで集中を切らすとwe lost .it's over になるので、とりあえず金曜の移植までは耐えしのげよ >かつぴぃ

白血病入院生活(Day117-122) 副作用...

12/15 Day117-122(4T-Day3-8)

放射線照射が始まってから強い副作用に悩まされグッタリしていた。

激しい頭痛
悪心、嘔吐
全身の倦怠感
発熱
口渇

激しい頭痛と嘔吐は初日だけだったが、その後4日間は微妙に全て続いている。

匂いにも敏感になって、強い匂いのするものは持ってこられただけでギブしてごめんなさい状態。バナナ、林檎、蜜柑のフルーツやゼリー系なら何とか食べられるかな?って感じ。つばも全く出ないのでご飯が口の中にこびりついて水で流し込まないとまともに食べられない。
お腹は多少空いてるんだけどね。

つばが出ないと、滑舌が悪くなって痴呆老人のような会話しか出来なくなるでナースとかDr.と話すのすら面倒。水を飲みながらでないと会話が成り立たなくなるw

来週は抗がん剤大量投与、免疫抑制剤投与、移植と本番が控えてるが、多少食べないと体力が持たなさげなので栄養士に相談しよう。



Y姫、H姫面会ありがとね。ちょっと元気出たよ

白血病入院生活(Day116) 被曝?

12/9 Day116(4T-Day3)

2日間ほどアイドル期間はあったが、今日から本格的に治療開始。
おおまかなスケジュールとしては
放射線照射、抗がん剤投与、GVHD免疫抑制剤投与、骨髄移植、の順番。

今日は放射線照射だったが、これがイキナリ厳しかった。
照射自体は30分ほど寝てるだけで何とも無かったが、3時間後ぐらいから激しい頭痛、悪心(我慢してたが全部吐いた)、発熱が6時間ほど続いて2400時頃やっと落ち着いた。
ガンマ線被曝線量は5gyなので、セシウムとかのシーベルトとは単位が違って、カラダの臓器よっても被曝率が変わってくるが、大雑把に計算すると600msvぐらい。年間自然被曝線量の600倍x4日=2.4シーベルトと超高線量にあたり、いわゆる致死量になる。

そのまま放置していれば当然死んじゃうので、ギリギリのところまで照射して骨髄をほとんど破壊したところにドナーの骨髄を注入するという作業が、いわゆる骨髄移植。

被曝に細心の注意を払っている福一の作業員の気持ちが少しわかったような気がする。

しかし、この厳しい照射をあと3日もやるのは厳しいな~w

白血病入院生活(Day115) ウキウキ無菌室生活

12/8 Day115(4T-Day2)

一般病棟から無菌室行きでは無くイキナリ無菌室に監禁されたワケだが、2日目になってようやく慣れて来た。
IMG_1407.jpgベッド
ベッド回りは大部屋と特に変わり無く使えるので問題は無い。いつものタブレットアームやらWimaxルーター、充電器などを置いている。
ちっさいTVとかラジオも付いてて壁に埋め込んだスピーカーから声も聞こえる。遮音性はいいので爆音じゃない限り見聞き可能。珍しくTVは無料w
IMG_1408.jpg簡易式
大部屋と違うのはこの3つ。簡易シャワー、洗面台、便器。
IMG_1414.jpg IMG_1412.jpg IMG_1413.jpgシャワー
普段は折り畳まれているが、シャワーを浴びる時は台を下ろしてカーテンを閉めて使う。カーテン閉めるとかなり窮屈な感じ。2人で入れなくもないが抱き上ったままくらいの狭さ。ってかこの部屋でそんな事出来るワケもないがw

かなりオープンな部屋でベッドサイドに便器があって、そこで用を足すのはかなり勇気が要るが、一応ガラス窓のカーテンが閉まるので、全閉にしてるとシャワーか用を足しているというサインになっているのでナースは入って来ない、という約束事になっている。が、気にせず入って来るのも居るので不意打ちを喰らう可能性もある。要注意だw

白血病入院生活(Day114) 入院4回目開始

12/8 Day113(4T-Day1) 入院4回目

骨髄移植のドナーさんの日程が決まったのでその日に向けて時間調整をしていたら、結局1ヶ月ほど退院していた。

その間、青森へマグロづくしの旅に行ったり、富士山一週して富士宮名物の焼きそば食べたり、イロハ坂を攻めに行ったり、早朝までゲーム三昧とかやってたので結構気分転換は出来たかな?

で、今日から骨髄移植に向けた治療開始。普通ならまず一般病棟に入院してしばらく経ってから無菌室行きになるのだが、自分の場合はなぜかいきなり無菌室行きの刑にw
IMG_1406.jpg無菌室
結構大きな大学の付属病院なのだが、その病院にも4部屋しか無い貴重な無菌室だ。入る前には薬浴室で身体を洗って持参した新品のパジャマとかに着替えてから入室する。
IMG_1409.jpgチェックシート
持ち物は全てチェック表に書きだしておき、全品「ナースチェック」を受けてから持ち込めるシステム。これが結構面倒なのよね。タオル、下着やら歯ブラシ、ボディソープ、ティッシュペーパー、携帯、財布にいたるまで全部。特にタオルとか一日3枚で15枚ほど用意しないといけないので大荷物になってしまった...

明日はこの無菌室の設備について見て行こう

青森休養の旅(最終日)

第4日

早くも最終日。今日は12:30新青森発の新幹線に乗ればいいだけなのでお気楽モード。ちょっと喉が痛いが風邪っぽくはないので大丈夫だろう。
今回の旅の目的のもう一つ「鶴亀屋食堂」のマグロ丼を朝メシに食べに向かう。
DSCF2491.jpg鶴亀屋食堂
昨日17時過ぎに通りがかった時には看板も暗くなっていたので諦めていたが、今朝は開いててよかった(これはあとで省エネで暗くしていたと判明)。早速入ってメニューを確認する。
DSCF2493.jpg DSCF2495.jpgメニュー
あったあったありました。例のモノが。
マグロ丼、ミニ出来ますか~?」って聞くと「あいよっ!」って大将の威勢のいい返事。
しばらくすると例のモノが キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!
DSCF2497.jpg DSCF2498.jpgミニ
コレでもミニ。ミニってのはご飯茶碗のサイズのこと。その茶碗にマグロを乗せられるだけ乗せるってことになるので中盛とか頼むとドンデモないシロモノが出て来る。一回中盛を食べて酷い目に遭ってたので最初からミニと決めてたw 初めての人はくれぐれも注意してね。
DSCF2500.jpg DSCF2501.jpgトロっトロ
マグロの山の上部には大トロが6枚、ご飯の上には赤身が何と15枚も乗ってる。コレで2000円。都市部でこんな大トロ頼むだけでも2000円は下らないだろうシロモノ。それに赤身が15枚って凄いコスパだよね。

バシバシ写真撮ってると大将が「ちょっと待ってろ」声を掛けてきた。
なになに?と思ってたら「ほら、これも食え」って。
DSCF2503.jpg目玉
メバチの目玉の煮付けがどーんと一つ。「いいんすか?」って聞くと「いいよ、サービスだから」って。
それから色々と話し込んでしまった。
DSCF2502.jpg DSCF2505.jpgシール
壁一面に貼ってあるシールはマグロ一本買った箱に1枚貼ってあるシールだそうだ。ってことは...何千本買ってるのよ?!って感じ。で、「ちょっと、こっち」と手招きされるので行くと、2階に続く階段の両側天上にもビッシリとシールが!!

世界中の色んな産地から出来るだけ安くていいマグロを仕入れているそうだ。日本だと、「ひがしもの」と言って三陸沖のもの、鳥取、対馬、鹿児島、沖縄。海外はインド、ハワイ、グアム。船で運ぶんじゃなく飛行機便で取り寄せて鮮度のいいウチに提供するんだそうだ。
そんなんじゃ儲け無くないっすか?」って聞くと
DSCF2506.jpg大将
もう俺の趣味でやってるようなもんだから、ほとんど儲けなんて無ぇべさ
でも兄ちゃんみたいに全国から喰いに来てくれて、旨いって言ってくれるのが楽しみでやってるようなもんだ
最近はマグロブームで暴騰して段々サイズも小さくなって来てるので、この値段で出すのも、もう限界なのさ。これ以上値が上がったら店畳んで辞めるさー」って。

すごいな~。安易に価格に転嫁せずギリギリでやって、どうしようもなくなったらキッパリ辞めるって。漢(オトコ)だよな。
そんなこんなと話してたら「これももってげ」とリンゴ6個、缶コーヒーまで御馳走になってしまった...大将、病気良くなったらまた絶対来ますから、辞めないで下さいよ!!と言って店を後にした。

と、ここまではよかったが新幹線までの時間がめっさヤバイことになってる。市内の4号線走ると信号が多くて絶対間に合わないのでバイパスの7号線を飛ばして、レンタカー返却15分前ギリで返却。危ねがっただよw
DSCF2509.jpg DSCF2512.jpgはやて
はやて34号に乗りこんでバイバイ青森。また来るね(^O^)/

盛岡ではコマチが少し遅れていたので連結&発車に6分遅れる。仙台から乗客がゴッソリ入れ替わって満員になって、風邪っぴきも居るのでマスク装着開始。
DSCF2516.jpgグリーン
東京駅からの東海道線は人混みを避けてグリーン車に乗って17:30帰宅。新青森から5時間、2万円弱で来れるんだ。世の中便利になったものだw


本日の走行:45km
総走行距離:525km
新幹線&フェリー含めての移動距離:1825km

★軽は思ったほど燃費が良くなかった。田舎道を500km走って18km/l。Z34でも田舎道走ると10は超えるので1cc当りの効率は10倍も悪い。
660cc/18=36(ワゴンR 4AT)
3700cc/10=370(Z34 7AT)
税金・車検等優遇されてはいるが、レアメタルを大量消費するハイブリッドカーを含め、地球環境にとってトータルとして本当にエコなのか?甚だ疑問を感じる。




DSCF2517.jpg DSCF2518.jpg今回の戦利品

青森休養の旅(3日目)

第3日

今日はビジホのチェックイン時間だけで、フェリーとか時間の制限も予定も立てて無いので天気次第のフリーな予定。
DSCF2438.jpg朝食
朝ごはんは無料(っても宿泊代に含まれてるのだろうがw)のバイキングを少々。天気予報は今日も雨のハズだったんだが気持ちいい快晴。外に出るとすんごい寒い。こりゃ確実に気温は一桁台だな。風邪には気を付けないといけない。

当初の予定ではこのまま青森方面に寄り道しながらノンビリ走って行く予定だったんだけど、あまりに天気がいいのでもったいないから大間崎まで足を延ばしてマグロを食べに行こう。
DSCF2447.jpg IMG_1275.jpg大間崎
大湊駅前から70分で大間崎に到着。3連休とは言え最終日なので観光客もまばら。団体客がワラワラ集まって騒いでる所には基本行かない主義なので、本州最北端を感じるにはちょうどいい。ちょっと土産物を買ったらお目当てのマグロ丼へ。
DSCF2453.jpg DSCF2451.jpg IMG_1277.jpgマグロ丼
早朝からやっている2軒のうちの1軒に入って、トロ、中トロ、大トロが乗っかった3色丼をオーダー(3000円)。ホテルの朝食がまだ消化し切れてなくそんなガツガツ食べられないのでちょうどいい量。グーグー腹をすかして来た人が食べるには微妙に少ないかな?もう一軒のほうはドンブリの底をカサ上げしてるとかないとか、地元の友人に聞いていたのでこちらで正解だったかな?

しばらく海を眺めて、あ~北海道が見えるな~行きたかったな~と思いつつ、オナカが落ち着いたところで会社の元後輩がやっている陶芸店に向かう。
DSCF2465.jpg DSCF2405.jpg貴太郎
むつ市在住の陶芸家「太郎仁」に足繁く通って2年がかりでようやく弟子入りを許され「貴太郎」を拝命、まだまだ満足の行く作品は出来ていないようだが、何とか自分なりの作品を小さな小屋&ネットで販売をし始めたばかり。
彼は身体にチカラが入らず薬を飲まないと手が震える難病のため、普通のサラリーマン生活には耐えられず何年も転々と職を探していたが、何とか地道に長く進める道を見つけたようなので少し安心した。
DSCF2464.jpgDSCF2461.jpgDSCF2458.jpg工房
太郎仁氏と共にこんな雰囲気の工房で作品作りに励んでいる。陶芸教室もやっているので興味のある方は寄って見てはどうだろう?自分は免疫力が低下しているので土には全くさわれないし、素焼きの陶器で怪我も出来ないので色々遠慮しておいたが。

太郎仁氏、貴太郎君と色んな話をして回転寿司まで御馳走になってすごく長居をしていたらすでに15時。青森には2時間ちょっとかかるので名残り惜しいが店舗を後にする。

ガソリン給油とか写真とか撮りながらのんびり走って青森駅前のビジホに着いたのが18時過ぎ。チェックインを済ませたら早速歓楽街の居酒屋へ...と繰り出したい所なのだが、退院したとは言え治療途中の身の為簡単に済ませる。
DSCF2484.jpgDSCF2486.jpg青森駅
まだ20時なのだが相変わらず人がいないな~。駅の中に鉄道むすめなるポスターを発見。青森県内5路線の乗務員の制服を2次元化してみました状態?
はて?どこかの地方の駅前でもこんな2次元娘のポスターがあったような...
DSCF1916_20131201133306ce0.jpg幸福駅
ぱっと思い出したのはこれかな?北海道ツーリング行った時に撮ってた。幸福駅はみゆき、愛国駅はめぐみたん。blogもあるみたい。

DSCF2478.jpgDSCF2482.jpgラーメン
青森駅前限定?ですっかり定着した「味噌カレー牛乳ラーメン」を食す。名前からして怪しそうだが食べてみると案外イケる。カレーベースに牛乳と味噌等をブレンド、モヤシの上にはバターが乗っているのでこれにダシかけて溶かしつつ食べる。麺はちょっと太目かな?
青森のソウルフードと勘違いされているらしいが、あくまで発祥は札幌、らしいw

明日で今回の旅も終了だが、実はまだメインディッシュを食べていないのだ。
早朝から開店しているので、そいつと対戦?!してから帰途に着こう。


本日の走行:220km
総走行距離:480km
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク