スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100円電池

震災がらみで何かと商品が消えている。
生鮮野菜、電池、ガソリン/灯油etc...トイレットペーパとか、今更オイルショックじゃあるまい。仕事でもいつも言ってるが無駄に見えても日頃から予備/スペアを常備しておかないと、チョッとしたことでガタガタ騒ぐ事態に陥る。

特に電池関係が異常なことになってる。コンビニや量販店から完全消滅。尼とかオクで単1電池15000円とかもうね、デマ流したり、義援金送る送る詐欺、便乗値上げ、転売するグズどもは原発行って水でも掛けて来い!!

怒っててもしゃーないので、100均で買える充電池セットでも。
DSCF7280.jpg DSCF7335.jpg100円
100円で買える電池と充電器、ライト。
電池はVOLCANOの単4、ライトはランチャーライト。変わってるのが充電器。大手メーカの製品は3000円程だが、なんとこれも100円で買える。今のところセリアでしか見かけないが。安いだけあって充電電流少なめ(充電完了まで普通な充電器の4~8倍かかる)で死亡電池判定/充電ストップ機能も無し。キッチリ時間を計って抜かないと過充電で電池をダメにする。100円電池だからいっか?て考えもあるが。
異常検知機能がないお蔭で0Vに近い弱り切った電池の喝入れ(覚醒)にも使える。eneloopも1本これで蘇生した。喝入れは10分程でやめたほうがいい。その後普通の充電器に入れてハジかれるのはサヨナラです。
スポンサーサイト

Twitter

Twitterと連携してみました。
http://twitter.com/ktpy_370z です。

こちらの変更だけ反映する一方通行な設定にしてますがw
ツイてみて下さい。

鳴子のお土産

東北関東震災被害に逢われた方々にお見舞い申し上げます m(__)m

鳴子には震災の約1ヶ月前に行っていたが幸運にも被害に合わずに帰って来られ、まさかこんなことになるとは夢にも思ってなかった。今回は別の話にしようと思ってたんだけど、これも何かの縁だったんだろうか…と思いプチ湯治のお土産の話で多少なりとも元気を出してもらえればなと。


話のネタに買った土産がコレ
DSCF7630.jpg DSCF7630a.jpgネタ
左上から苦労して買ったなる子こちゃんストラップ。ノーマルこけしストラップ。真ん中がコケシで出来た警察官「守るくん」。ストラップ類は500円前後だったが、守るクンは倍のお値段w。会社の後輩に似てるヤツがいるので思わずゲットした。ちなみに、鳴子温泉駅の窓口にも駅長さんデカイバージョンがあった。
左下のはこけしマッチ2種類。よーく見るとマッチの頭にちっちゃい顔が描かれてて芸が細かい。火を着けて燃やすのも残酷に思えるし「ほら、着けてみろ?どうだ?」と言われてるようで憎らしい。まるで踏絵じゃねーかw
あとは湯めぐりチケットの残骸とタオル2枚。本文中の昭和50年代キャラのタオルは買わなかった。いつかゲット出来たならこれを颯爽となびかせ温泉街を闊歩するのがナウいヤングのスタイル。

食べ物はコレ
DSCF7638.jpg食い物系
左上から「にゃんカップ」と本文中に登場したにごり酒「ゆきむすび」。にゃんカップは某ワンカップのパロなのは明白だが。下は好物のゆべしのわらび餅。右上は最近流行りの食べるらー油「女らー」女川で作ったらー油なので敢えて「オナラー」と言わせるんだって。辛くはないがちょっと油多めかな。
右下のは御存知、高橋豆腐店の豆乳プリンと豆乳。両方とも豆乳~って感じ(濃いぃってこと)。

あ、にゃんカップ以外は消化したので無いですw



被災地の1日も早い復興を祈っております。

鳴子でプチ湯治(おわり)

鳴子2日目の温泉めぐり中。

すでに早朝から数えて4湯目なのでちょっとお疲れ。
それならスイーツっしょ?
DSCF7508.jpgDSCF7507.jpgアンさん
次の湯に行く途中「高橋豆腐店」で甘味をチャージする。豆腐屋にスイーツ?と思うだろうが、ここの高橋アン(比国出身)さんが豆乳を使ったプリンとかケーキとかいろいろ作ってるのだ。お約束のプリンと豆乳をGetして出発。
DSCF7513.jpg多賀
3件目は東多賀の湯。雪で埋もれた急坂を下りたところに発見。ここも硫黄湯なのだが濃いぃですな。共同湯とは濃度が全く違ってて、硫黄キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!って感じ。鳴子は東西多賀の湯と言われる所以だわ。
しかし脱衣所での脱ぎ着が面倒。何枚も着込んでるのでいちいち全部脱いで、フロ入って、汗ふいて、また着込んで…何やってんだろって感じw
湯に入ってると心臓がバクバクし出したのでこれ以上ムリ。チケットは残り1枚。

DSCF7516.jpgロマン!!
ちょっとコバラが空いて来たので昼食としよう。駅方面に戻って行く途中怪しいメニューを発見。雪に隠れてはいたが男のロマンを見逃すハズがない。しかし中に入るとメニューに引かれたらしい客がかなり多く、注文遅いわ相席だわで結局ロマンどころではなかった…しかも1時間に1本しか無い汽車も逃す失態。仕方なく土産物屋に入る。
DSCF7518.jpgDSCF7519.jpg謎キャラ
場末の土産物屋で色々物色していたが目ぼしいものもあろうはずもなく意気消沈していたら、謎のキャラクターが描かれたタオルを発見。分身魔球を投げる少年は星ひゅーま似。女子も昔どこかで見たような気がするんだが…うーん…思い出せない。
まあ、こんな場末でロマンを追い求めちゃいけないってことか。

タクシーだとかなり高そうなので東鳴子まで歩いて帰ることにする。
40-50分かかると言ってたが…晴れ間を待って気合入れて歩き出す。北国の昼は短い。まだ14時半だと言うのにすでに日暮れの雰囲気。この雪の中歩いて帰ろうなんて酔狂なヤツなどいるはずもなく、車のドライバーが不審気にこちらを見ているのがわかる。民家が切れたところで20分経過。まだ20分雪の中を歩くのか…と思ったらどこかで見たメインストリート。
なんだもう着いたのか。50分って全然ウソじゃねーかw

帰ったら、秘密の露天風呂に案内してくれるとのこと。
宿の車で3分の所に下される。雪の中の小さな小屋がそれらしい。
DSCF7533.jpg雪見!!
うひょ~正真正銘の雪見露天サイコー!!。こんなのに憧れてたのよ。
…ってか、寒いじゃん!!脱衣場はオープンな掘立小屋だし暖房なんてあるワケない。氷点下の中、長靴穿いたまま上着を脱ぎ始めてチメタ~イコンクリをペタペタ歩いてってドボン!
…でもまぁこれもアリかな。グループ毎の貸切だし。

ちらつく雪を見ながらしばし極楽を味わう。

で、またさっきの反対で濡れた体を冷たいタオルで拭いて着込む。これってチャプリンか何かのサイレント映画の巻き戻しとか、ドリフのコントじゃね?と思いつつ小屋を後にする。
雪見露天も考え物ですな(爆


お食事お持ちしました~
爆睡していた所へ配膳のお姉さまに寝込みを襲われる。不覚w
DSCF7571.jpg地酒とか
ねぼけてて「今日もお酒とかどーですか?」と言われるままオーダー。天音は昨日の残りを外で零下に冷やしておいた。ビールは空き瓶で、今日はにごり酒「ゆきむすび」。外で冷やすとキリッとして(当たり前)甘くてウマい。


DSCF7563.jpg雪...
外は相変わらずしんしんと降積もっている。こんなんで明日帰れるのか??

鳴子でプチ湯治(その2)

昨夜は温泉で温まったとはいえ、乾燥するのがいやで暖房を切って寝たもんだから寒さで目が覚めた。外は相変わらず雪。部屋で天気予報を見ていたが最低気温が-11℃だったとか。そりゃ寒いわけだ。
DSCF7461.jpg DSCF7458.jpg陰陽師
寒いときはやっぱりフロっしょ?ってことで陰の湯と陽の湯をハシゴする。あかり取りの○い窓が三日月なのが陰の湯。温度は同じ位だが備長炭入りの陽のほうが合うかな。
DSCF7469.jpg朝食
朝食は食堂。小人数のグループはここで一緒に食べるシステムだ。内容は一般的な旅館の朝食。シャケに東鳴子特産のシソ巻きが付いていた。昨日買わなくてよかったw

完全武装したら温泉巡りに出発!
DSCF7474.jpgMainStreet
相変わらず誰もいないメインストリートを歩いて駅まで。
DSCF7486.jpgん!
駅についてみると何やら雰囲気が違う。運行見合わせが何とか言ってる。聞くと鳴子温泉駅止まりで先の中山平は行きません。運転する見込もないし振替もしませんとか。おいおい、やる気あんのかよ!と言いたかったが大雪だし。仕方なく鳴子温泉駅まで。
DSCF7518c.jpg DSCF7481.jpg DSCF7483.jpg鳴子
ふむ、ここが鳴子温泉駅か。ライブカメラで見た通りだぞと思っていたのも束の間、外に出ようとするも吹雪。とりあえず観光案内所で「湯めぐリチケット 手形付」を1500円でGet。シリアルNo.3398っていつからの通し番号だろ?
さてどうするかな…
DSCF7489.jpg玉子屋
お茶の時間帯に入ろうと思っていたが、中山平に行けなくて予定が狂ってしまったので「おかしときっさ たまごや」で計画練り直し。リンゴタルトとコーヒーをいただきながら、さっきgetした観光案内パンフでポイントとルートを確認。マスターになるこちゃんストラップのことを聞くと「あれはね…それより、昔から作ってるのが色々あるから、そっち見たほうがいいと思うよ」とおっしゃる。成程一理ある。
DSCF7492.jpgDSCF7491.jpg鳴子ホテル
まずはお目当ての「なるこちゃんストラップ」をGetしに鳴子ホテルへ。ぐるっと探すも売店がないのでフロントに聞いてみると閉めてるらしい。なるこちゃんストラップがほすぃんですけど…(なるこちゃんストラップはここと岩下こけし店にしか売ってない)と言ったらお姉さんが売店を開けてくれた。わざわざ開けてもらって1個だけ買うのも申し訳ないので3個ゲット。Thanks >naruko hotel!
DSCF7495.jpg滝の湯
次は共同欲情、じゃなく浴場の「滝の湯」。共同湯2件のひとつで青白い硫黄系の湯。この寒さでも湯温高め。打たせ湯はぬるいが、浴槽のほうは夏ヤバいかも知れない。6枚つづりのチケット1枚サヨナラ。

さっきのマスターの話し通りちょっとこけし屋さんに寄ってみたが、この天気もあるけど店内は薄暗く、大小のこけし達がずらっと並んでいるのを見ると不気味なものを感じてすぐ出てしまった。

関係ないが、こけし作る人ってヤらしいコト考えな…<||`Д´>コラッ!!

DSCF7499.jpg吹雪
町内を歩いてたらいよいよ風が強くなり屋根に積もった雪が飛ばされて吹雪っぽくなり視界が悪い。ヤバイな~こんな調子で雪が降ったらマジで帰れないぞw
DSCF7503.jpg天井桟敷
共同湯2件目は「早稲田桟敷湯」何でも早稲田の学生が実習で掘り当てたとか。滝の湯は木造の昔からの銭湯ちっくな造りだったが、こちらは全館モダンな黄色のコンクリート。泉質は同じく硫黄系で熱めの湯。タトゥーな親分がいらっしゃったのはご愛嬌。チケット2枚消失。


早朝から数えて4湯め。ちょっち疲れてきたのでここで小休止。
怪しい?スイーツ屋さんに寄って行こうか。
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。