Windows7入れたい放題!?

Windows7のRC版を使っていたが、いい感じなので製品版をゲットしてみた。

PCが1台なら気にせず「Windows 7 なんちゃら アップグレード版 Windows 7 発売記念優待パッケージ」とかDSP版を買って来ておしまいなのだが、何台も入れたい場合はどんどんライセンス料金を奪取されて行く。
1本5000円程度ならまだ我慢も出来るが、Homeで12000~20000円、Ultimateだと22000~32000円/1台。全部にHomeを入れるとしても、かつPの場合Desktop+Note+Netbookの3台で36000円!! ProとかUltimateにグレードアップすると軽く5万円を超えてしまう。
これは無いよな~と思っていた時「意外に安い? ボリュームライセンスでWindows 7を導入する」なる記事を発見(9月から見て知ってはいたが)。この作戦だとEnterprise(Ultimate相当)版をゲットして何台ものPCに50回までアクティベーション出来るのだ。M$最高(・∀・)!!と思ったら「続・意外に安い? ボリュームライセンスでWindows7を導入する」であっさり否定(1ライセンス/1台、50アクチ)された。
technet1.jpgTechNet
あのM$がそんなアマくねぇよな~とガカーリしていたところ、TechNet Plus サブスクリプションなら評価版のみならず製品版もDLし放題。Technetは開発者用で入会費も高価で個人じゃムリと眼中に無かったのだが実はお安かったのだ。
費用
1.TechNet Plus Directサブスクリプション:39000円
2.TechNet Plus サブスクリプション:75000円!!
2はメディア込みの年間契約で1台PCが買えるほど高価だが1だとDLのみで多少安い。しかしまだまだ高いのでもっと調べていたところ、TechNetのUK(英国)サイトでキャンペーンをやっていることが判明。
Top ->buy ->真ん中あたりにシレっと書いている「Offer runs from 1 November 2009 - 31 December 2009 (promo code: )」のプロモーションコード(キャンペーンコード)をコピペして日本サイトで入力すると…
technet.jpg割引
39000->28080円と28%OFF。これでいろんなOSやらアプリがDLし放題。Windows7なら10ライセンス発行出来るので10台まで合法的にインストール可能。しかもHome PremiumでもEnterpriseでも選び放題。構成を数回変えた場合発動する魔の再アクティベーションも10回までOK(普通のは5-6回らしい)。それも各Edition毎・・・ってことは計50台にWin7が入れられるってこと。おまけに高価なOfficeも同様に10個キーget可(2003以前なら無制限なキーが!)。さすがに超高価なServer2008とかはMAKキー方式になり1台10回だけに制限しているようだ。

まぁそこまで頻繁に構成変えたり複数のPCに入れるのは仕事かマニアだけとは思うが。
これはオトクですぜ旦那。ってかもう契約してるし(爆

プロモコードの有効期限は12月いっぱいなので2台以上入れたい人は急げ!!
スポンサーサイト

2009夏ツーレポ(8)

ツーレポ続編、今回は美瑛~稚内~弟子屈の2日間。

9/8

昨日ずっと降っていた雨がまだ止まない。朝食を摂りながら空を恨めしそーにずっと見ていたら急速に雲が動き晴れ間が覗いて来た。
やったぜ!今日の泊まりは全員ライダーだったので嬉々として出発支度を始める。

まずはすぐ近くにあるジェットコースターの道でお写真。
IMG_2046.jpg IMG_2040.jpgジェットコースター
北海道にはこんなアップダウンのある農道が何ヶ所(こことか、上士幌とか、斜里とか)もあって、それぞれ色々な風景を持っている。
ここは美瑛エリアなのでパッチワークな畑の中にあっていい感じ。

写真を撮っていたらいつの間にか快晴。
しかしもう11時。これから稚内まで行くのであまりノンビリもしてられない。
1時間程走って旭川市内。北海道ではタイミングを逃すとメシが喰えなくなるので店があるうちに入っておかねばならない。
DSCF6035.jpgDSCF6036.jpg蜂屋
以前から目を着けていた「ラーメン蜂屋」。すぐ近くにラーメン村もあるのだが、そのチェーン店の何件かは入ったことがあるので行かない。
醤油ベースに魚系のダシに薄めのチャーシューが入った独特なもの。ちょっと濃い目なので好き嫌いが出るかも。かつPは濃い目派なので問題なっしんぐ。

おっと、もう13時ぢゃないか。あと300kmはあるのでもう寄り道は出来ないゾ。
比布を抜け40号線、士別から左に分岐し239で日本海側の苫前に着いたのが15時過ぎ。
めん羊牧場も気になってたり、羽幌の温泉もいつも気にはなっているのだが毎回タイミングが悪く行けてない。いつか行こうと思う毎日。
あ、三毛別の熊嵐に行こうと思ってたのにかなり行き過ぎてる。これもパスか・・・
DSCF6038.jpg
途中、道の駅てしおで黒いプリンを発見したのでゲット。
結局お気に入りのオロロンラインに入ったのは17時。
IMG_2070.jpg IMG_2054.jpg IMG_2060.jpgオロロンライン
やっぱ北海道来たらここを走らないと。
今日は雲も多くていい利尻が撮れないのが残念。おまけに「きつねの嫁入り」(絶滅?)みたく晴れてるのに突如雨が降って来たり。
IMG_2077.jpg
こんな時は虹が出るはずと思って見ていたらビンゴ!
しかし虹ってカメラ泣かせなんだよね。雲っつーか雨のヴェールに淡く溶け込んでしまってて見た目ほど鮮やかな縞模様にはならない。
人の意識が「あの虹は素晴らしかった!」と記憶補完してるってのも多分にあるし。

そんなことをしていたらトップリ暮れてしまった。

抜海「ばっかす」に着いたのは18:30。
ただいま~って入るとどこかで見た顔が・・・あれっ?なっちゃんで一緒だったZZR1100の人じゃないっすか!
函館からの話とかで0時過ぎまで宴会は続くのであった・・・


本日の走行:330km
総走行距離:2770km

--------------------------------------------------------------------------
9/9

今朝は早くから快晴。海風が次第に冷たくなり始めているのを感じる。
今回のツーリングもいよいよ終盤。ここにあと一日居てもいいが明後日が怪しいので移動。
IMG_2086.jpgサラキトマナイ峠
利尻が遠くに見えてキモチイイ。
峠つっても標高100mなのだが、あの「サラキトマナイ峠の怪事件」が発生した現場(謎 気を抜いて走るとヤられてしまうゾ。

いつものウラ道で稚内空港まで抜けたらすぐ先は宗谷丘陵。
IMG_2096.jpg IMG_2101.jpg宗谷丘陵
去年M氏と来た時は曇りだったが今年は快晴(笑
IMG_2114.jpg DSCF6086.jpg宗谷丘陵
いつものポイントでビシバシ写真撮ったら移動。宗谷岬には土産を買いに寄っただけ(爆

30分程走ったらもう12時、みちの駅さるふつでランチとしよう。この先浜頓別~江差紋別あたりまで目ぼしい食堂がないので、昨日も言ったけど「喰える時に喰っておかないと」大変ヒモジイ思いをしながら延々走るハメになる。
DSCF6088.jpgホタテカレー
ホタテの枚数が6か10を選べるが、当然10枚入りを選択。ほたて焼きに入ってそうなデカいのがゴロゴロ入っててウマ~。1050円の価値アリ。
ただし団体が入ってなければ、だ。全員そっち行って個人や少人数客は放置プレイ。

さて、オナカがマンゾクしたら次のポイント。
IMG_2129.jpg IMG_2137.jpg第一幹線道路
ここもライダーの間では有名な道路。牧草地帯の真ん中を一直線な道路が走っている。すぐそばに海。地元の人以外滅多に車は通らないのでバイクとか真ん中に止めててもなんも問題ナシ。オロロンラインほどではないが、なかなかいい道だと思う。
最近はエサヌカ線と紹介されてることが多い。
写真にマンゾクしたら移動。

ジミ~に2時間走って道の駅おこっぺ。おうむとか、この興部でいつも休憩してる。
DSCF6095.jpg白いプリン
売店でプリン発見。白いプリンってあの川島旅館のか?!と思ったらこの興部で作ったもの。
早速イタダキ、ウマ~と思っていたら、ああっ!黒いプリン食べてなかった!!
なんたる失敗・・・速攻でばっかすに電話して「今日来る某宿のオーナーに与えて」くれと伝言。次は絶対この白と川島の特濃と天塩の黒を並べて喰ってやるぜ。

軽い敗北感に5分ほど打ちひしがれていたが復活して発進。

いつもならサロマ~能取湖あたりで内陸に入るのだが、今回は遠軽から。
これまたジミ~に走って北見に入る前に夕暮れ。おまけに寒くなってきた。

トップリ暮れた美幌峠を攻めたら、弟子屈の「鱒や」に19:00到着。
トシキさんが「おぉギリギリだったな~(苦笑」と微妙な嫌味。そんな言わんでも(笑 暗くて寒い峠を頑張って走って来たんだから~。

さて、明日はお約束の摩周湖の夜明けだ。


本日の走行:440km
総走行距離:3210km ←3000km突破!!

Z34グローブボックス改造

Z34のグローブボックスは樹脂が剥き出し。
DSCF6475.jpgビフォー
硬めの物を入れたりするとカタカタ言ってちょっと気になるので内張りを貼ってみる。
DSCF6477.jpg部材
用意したのは2mm厚のフェルト。手芸用品店とかで(オサーンには場違いな所だった・・・)裏面シール付きのフェルトをゲットする。実は100均のでいいやと思って一回貼ってみたのだが微妙にサイズが合わず失敗していた。
DSCF6478.jpgカット
ボックス内のサイズに合わせながらカット。
DSCF6485.jpgアフター
どう?なかなかいい感じでしょ?
中は完全に四角じゃなく台形っぽいし突起もあったりしてフェルトの形合わせにかなり苦労した。また糊が強くてうまく貼れずにイライラ。でもこんな内張りなんか高級車ではデフォなんだよねぇ。まぁZはスポーチィカーの部類なので余計な虚飾は廃して軽量化とスパルタンな風味を狙ったんだろうか。500gも変わらないのに。
DSCF6514.jpgおまけ
切れっ端でドリンクホルダーの底敷きを作り直し。ここも缶入れるとゴトゴト言って気になる場所。
費用:1200円、作成時間:2時間。


DSCF6509.jpgアクセ
こんな小物を仕入れてたりしてw
もう全部付けてるけど、次の機会で紹介しまっす。←出し惜しみ

2009夏ツーレポ(7)

ツーレポ続編、今回は函館~美瑛までの2日間をまとめてアップ。

9/6
今朝も曇りがちだが雨は降らないようだ。
昨日は函館を概ね制覇して満足したのでこれから順次北上して行こう。
今日は食い物系を制覇して行くつもり。

30-40分程走ったら大沼公園。大沼とか駒ケ岳は濃霧で全く見えなかったのがちと残念。公園に到着したら早速老舗と思われる沼の家にGo!!
DSCF5978.jpg DSCF5981.jpgだんご
名物「大沼だんご」をゲッツ。3種類程あるようだが、ここは定番の餡&醤油をチョイス。何処で食べようかと思っていたら店員のオネーサンから「そこで食べて行って下さい」との有りがたいお言葉。「今度はキミをテイクアウトしたいな」とは言わなかったが(オイ!
お茶と一緒に一気喰い。ウマ~。
小さめとは言え朝イチからアマーいのを一箱食ったので胸焼けがw

オネーサンとだんごで甘い気分に浸った次のターゲットはここ。
DSCF5987.jpg森駅
大沼からまた30分程走ってJR森駅に到着。
森駅と言えば全国の皆さんご存知の超メジャー駅弁「いかめし」の聖地。
DSCF5985.jpg DSCF5986.jpgいかめし
早速売店でいかめしとグッズをゲット。待合所で早速イタダキ・・・ウマ~
パチもんとかは結構生臭かったりして「え~っ、いかめしってこんなマズいもんなの?」と誤解されてトラウマになってしまったりするが、やはり本場の出来立ては違いますなぁ。
イカは硬くも生臭くもなくタレも極端に甘くない。やっぱ本場に限るな。

だんごの胸焼けは収まったが、ヘルメットの中でハァハァすると(すんなよ!)イカ臭いのがちょっと気になる(笑

さてxxメシの連チャンだぜ、と思ったが長万部まで直に行くとまた30分程で着いてしまうのでちょっと能がない。
そこでR5を八雲で左に分岐し熊石へ向かう。
噴火湾側は今にも雨が降りそうだったのに山一つ越えた日本海側はドピーカンで暑いくらい。相変わらず北海道の天気は読めないなぁ。
hiratanai1.jpghiratanai2.jpg平田内
ハラごなしに熊石町内の平田内温泉へ。
ここは無料の温泉で、川のそばのクボミに湯が溜まっているのでそこへドボンと入るって感じ。ボロな掘っ立て小屋が脱衣所にはなっているものの、結局上の道路からは丸見え&当然混浴なので女性が入るのは勇気が要だろう。
まぁ、ナイスバディとルックスがあれば問題ないと思うが(つーか、そんなコがイキナリ入って来たらこっちが出られないw)。
先客が一人いたがすぐ出て行ったので貸切の無料温泉を堪能。

さて、ハラもこなれたので昼メシとしますか。
DSCF5996.jpg三本杉岩
熊石のちょっと上にある、今アツイ瀬棚町に到着。
何がアツイのかと言うと、町おこしにいろんな行事をやっていたり、観光紹介のポスターが毎年北海道の報道コンクールで優勝したりしていて活気が感じられるからだ。
食事処は何件かあるが、今日は「フェリー食堂」。浜のおかーさん達がやっていて、ウマくて安いとの評判だ。
DSCF5994.jpg DSCF5995.jpgいくら丼
本当はうに丼(2000円)が食べたかったのだが、漁期が終わったせいか(積丹あたりは8月いっぱい)無いらしいので、仕方なくいくら丼(1200円)をオーダー。
しかしこの量でこの値段。ぜんぜん満足っす。

食堂からフェリーを見ていたら奥尻に行って見たくなったが、次の機会だね。

落ち着いたらニセコに向かって発進。
せたなの町内を走っていたら、こんな看板がいっぱい。
DSCF6002.jpgDSCF6001.jpgDSCF6000.jpgDSCF5999.jpgDSCF5998.jpgカンバンたち
北の白虎(なぜ白虎?)、イナバウアーとか微妙に古いネタ看板。やるな青年会。

一時間ちょいジミに走って、再び噴火湾側へ。
DSCF6003.jpg長万部
xxメシの最後は長万部のかにめしだ。
DSCF6004.jpgかにめし
駅前のかなやでゲット。店内では食べられそうもないので外の公園でイタダキ。
しかし、かなりの曇りで風も強く寒いので、まるでおいしくない。いかめしと同じくエキナカで食っておけばよかったと後悔...
失意の中出発。

車の列に付いて大人しくR5を走っていたら突如真横をかすめ去るバイク。
札幌ナンバー。DUCATI、Monsterか。
かなりの直線だが黄線(追越禁止区間)なので車列の後ろで我慢していたのに、野郎はずーーっと反対車線を走って行く。
「チッ」っとヘルメットの中で舌打ちしていた矢先、道端で事故っぽい・・・バイクがドライブインの入り口で転倒していて、ライダーが足を押さえて座り込んでる。
よく見るとさっきのDUCATI。左の路側帯側からトレーラを抜かしにかかったが、突如ドライブインに左折されたため行き場を失って巻き込まれたのだろう。
峠とかなら止まって助けもするが、マナーが悪いライダーは自業自得。助ける気にはなれなかった。トレーラの運ちゃんも降りて来てたし。

帰るまでが遠足、じゃ無く事故は起こすまいと気を引締める。

さて、今日最後のタスクは温泉だ。
DSCF6005.jpgDSCF6007.jpg二股ラジウム
朝から色々喰いまくってハライッパイ。そこで2軒目「二股ラジウム温泉」へ。
昔は石灰ドームとかあって野趣溢れる温泉だったらしいが、今は取り壊されて普通の四角い浴槽。でも泉質自体はそんなに変わらないのだろう、石灰分がビッシリとそこかしこにあった。
時間も無いし、雨も降り出したので看板キツネを見たらすぐ退却。1000円勿体なし。

18:30ようやくニセコ 旅の交差点へ到着。
今夜は羊蹄山登山の熟年グループとかつP一人だ。


本日の走行:370km
総走行距離:2080km

--------------------------------------------------------------------------
9/7

今日も曇り~雨の予報。
羊蹄山はついに山頂を望めなかった。今日は美瑛まで行くとしよう。

DSCF6014.jpg旅の交差点
朝出発時に「土産を買わないと~」と話していたら、近くの道の駅に直売所があるよって話だったので早速寄ってみる。
DSCF6016.jpgメロン
夏の北海道土産といえば(ってもう9月だが)メロン。ってことで物色したらあるじゃないですかメロンの箱が。それもかなりの数。
4玉5玉入りのがよかったが、トータルの軍資金がもう4割程度しか残ってない。我慢して2玉の大玉モデル(?)をゲット。実家と会社に発送し今回のノルマ(義務)を果たしたのでスッキリ。

さて、昼は苫小牧の「まるとま食堂」でホッキカレーを食おうと思ってひたすら走っていたのだが、支笏湖で遂に雨。
支笏湖から苫小牧に下る途中のR276で前も見えない程の土砂降りになった。
・・・最悪・・・
苫小牧市街もかなりの雨。ホッキカレーどこじゃねぇ。ズブ濡れの失意と空腹のまま高速に向かう。こんな土砂振りの中、下道を延々走ってたら着くのは真夜中だろう。
濡れたGPSも電池切れ、雨の中じゃ交換も出来ない。道路標識だけが頼りだ。

全ての予定を捨て、ガススタで気合入れて完全武装したらいざ高速へ。
DSCF6019.jpg雨・・・
雨ツブが当たってヘルメットのシールドが真っ白になる。まるで前が見えず70km/hにペースダウン。
台風ではないが風もかなり強く時々数m横に流される。
DSCF6021.jpg雨・・・
札幌近くで一旦上がった雨は美唄を過ぎてまた本降りになりツライ走行が続く。
最初のうちはまだ色んなことを考えたり、鼻歌を歌いながら走ってはいるが、これが何時間も続くと何も考えられなくなって来る。
ただただアクセルを開けて走るマシンと化すのだ。

・・・結局3時間近く雨空腹と寒さと格闘し旭川に到着。もう16:00かぁ。
ちょっと道の駅で休憩して17:00ようやく今日の宿、美瑛の「旅の途中」に到着。

父ちゃん、おいら燃え尽きたよ・・・


本日の走行:360km
総走行距離:2440km
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク