2009夏ツーレポ(3)

ツーレポの続編、今回は新潟~秋田まで。

9/1
昨日は路地裏の居酒屋で選挙・政治談議に巻き込まれて何も面白くないまま店を出てしまった。その後アヤシイ店にでも行こうかとも考えたがこの先の軍資金の事を考えて断念。今日が最終日なら寄って見てもよかったかも(爆
DSCF5673.jpg東映ホテル
朝から天気予報を見ていたが今日もよろしくなさそうだ。しかもまだ新潟は雨が降っているので悩む。11時チェックアウトなのでギリギリまで粘っていたらようやく止んだので遅い発進。

朝の渋滞した市内を抜け村上を通過あたりからR7海沿いを走るR345に分岐。しばらく走っていると沖に粟島が見えて来た。その先の道の駅「笹川流れ」でランチタイム。
DSCF5679.jpg DSCF5680.jpg親子丼とカキ
ここでもカキが採れるらしく駅前にも「岩かき」とかの幟が多い。そんじゃ喰っとけってことでシャケ親子丼に岩がきを追加。岩かきがデカくてウマー(1000+700円・・・アヤシイ店よりはるかに安いwww)。
ところで笹川流れって何?川のこと?と思ったてたら、この辺りの海岸線のことを指すらしい。岩礁に砕けた浪の事を「地名+流れる感じ=笹川流れ」と言うとか・・・ちと無理があるんでない?

オナカが落ち着いたところで発進するも、しばらく「♪あーあー川のながれのよぉにぃぃ~」てなフレーズが頭から離れなかったのは言うまでも無いw
30分程走った所に、あの「だるま屋ウイリー事件」の現場がある。
DSCF5689.jpg DSCF5690.jpg DSCF5686.jpgウィリー現場
だるま屋ウイリー事件とは北海道テレビ「水曜どうでしょう」の番組内の「東日本縦断ラリー ~原付激走72時間~」でこの付近を走行中、工事の信号の為一旦停止した後、調子に乗って「5,4,3,2,1 Go!!!」とアクセル全開で発進した瞬間、不意にウィリーして工事の看板に激突した事件。水どうマニアの中では伝説の大事件となっている。
さすがにここでウイリーするのもアレなので写真だけ撮って退散。場所はJR奥羽本線 勝木駅から2.5km、鵜泊大橋手前。GPSだとN38.47264,E139.50486。

あとはひたすら海沿いの7号線を2時間ひた走る。
酒田を越え、にかほに入ったところで鳥海山方面に分岐。ここから少し入った所に「元滝伏流水」という滝?があるらしいので寄って見る。
鳥海山ブルーラインを数km走って右に分岐(ここがわかりずらい)。象潟病院の先に小さな空きスペースがあるのでバイクを止めて森の中を地味に15分程歩くと現場到着。
DSCF5693.jpg IMG_1961.jpg IMG_1980.jpg元滝
小さな川沿いの崖から水が滲み出していて、これが滝のようになっている。白糸の滝とかに少し似ているかな?現場の少し手前から川霧が出ていて、辺り一帯幻想的な雰囲気に包まれているのはポイント高し。

写真を撮ったら市内へ戻って大曲に向かう為近くのスタンドで近道を聞くが、Colorado300に表示されてるルートってどう?と聞くと「あー、その道はオススメしないっすよ」とか。素直に戻って、由利本荘に建設中の高速の無料区間を通ると市内をパス出来て早いらしい。
DSCF5700.jpg道の駅 ねむの丘
もうすぐ日没。ここから日本海の夕日がキレイらしいが、すでに17時。ヤバいな~18時前には着けると宿には言ってあったのだがムリっぽい。まだ100km程あるのでその旨一報しておく。

このあたりもそうだが、秋田に入った頃からやたら地元車の走行ペースが速くなった。1台2台ならたまたまなのかも知れないが、全員遠慮なく飛ばしているので付いて行くのにイッパイ。チンタラしているよりはいいのだが、気持ちを飛ばしモードに切替えないと危ない。


トップリ暮れて狭い路地に微妙に迷ったが、19時ようやく宿に到着。
今日の客はかつPとあと一人。鉄っちゃんなのか、電車来るらしいが22時頃到着なのでやっぱり今日も一人で夕飯。
DSCF5702.jpg夕食
巨大な角煮ときりたんぽ汁。この汁がウマ~。

21時頃から宿の人と、明日の観光ポイントとかについて話し合う。ここから角館とか田沢湖とか乳頭温泉とか1時間程度で行けるらしいが、今回のルートとはちょっと離れてしまうので断念。また別のタイミングで来てじっくり散策したいものだ。
それから車が早いのは「冬あんまり走れなくなるので、夏のうちに走っておきたいからトバす」のだとか。稼げるうちに稼ぐ、と・・・うーむ、理由になってるようでなってないゾ(笑


本日の走行:310km
総走行距離:910km
スポンサーサイト

2009夏ツーレポ(2)

今回は佐渡~新潟市内までの2日分をまとめてアップ。

8/30
昨日は同泊者ナシだったのでサッサと寝てしまった。
IMG_1930.jpg IMG_1938.jpg前浜と漁港
そのお陰か7時前に起きてしまって、ちょっと近所の海岸と港あたりを散歩。海がキレイだ。天気は曇りでイマイチだが雨は振らないようなのでひと安心。
今日のメインはシーカヤック。午前の部に行って午後は島を回ろうと考えていたが、午後しかやってないようだ。ちょっと予定が狂ってしまったが仕方ないのでフラフラとバイクで出かける。
外海府方面に走って、大野亀とか2つ亀とかを見ながら佐渡を時計回りしようと思っていたが、意外と波が高くこのまま海沿いを走っていても面白くなさそうなので途中からドンデン山に入る。チラホラ紅葉が始まっているぞ。
DSCF5607.jpg IMG_1955.jpg頂上から
ここは佐渡が一望出来る非常に見晴らしがいい場所。
しかしこのドンデン山、思ってた以上に道がキツい。外海府側からならそれほどでもないが、頂上から両津に降りる道がかなりな急勾配・急カーブ。今日は空荷なのでまだいいが、バッグ満載なら泣きが入るほど。
DSCF5611.jpgFT前
両津に降りて、土産物でも買おうかとフェリーターミナルをウロウロしていたが、財布にほとんどお金が入ってないのに気づく。ヤベッ、シーカヤックって現金払いだったよな・・・ギリギリ分しかない・・・くそぅ、これじゃ土産もメシも食えないよ・・・泣く泣く空腹のままシーカヤックへ。

事務所前に集合、着替えて現場へGo!
DSCF0022.jpg練習
今日は波は高くて外に行けないとか。残念。
自然相手だから仕方ないのでパドリングの練習。川下りはやったことがあるのだが、かなり漕ぎ方が違うのでイライラする。なんとなくコツが掴めて来たのでそのまま港のなかをグルグルする。
DSCF0023.jpg DSCF0021.jpgいざ
一人で漕ぎ出すと海面が近いせいか結構怖い。どうしても腕で漕いでしまうのでかなり疲れる。
ちょっと港の出口まで行くが、波の影響をモロに受けるので、Uターンもタイミングを見計らって一気に行かないと簡単に沈(チン)してしまうので注意を受ける。
30分程グルグルしていたが好い加減ウデがアガってしまったのと、軽い船酔いになって最悪の状態になりかけた所でタイムアップ。ふぅ、アブなかったぜ。全身が塩っぽくなったので近くのフロへ行って流す。
まだ時間があったので、佐渡金山へGo!
ウワサには聞いていたが、かなりリアルな人形がそこかしこにいっぱい。
DSCF5619.jpg DSCF5629.jpgだれ?
やたらリアルな人形がいきなり動くので、最初は誰かいるのか?と思った。当時の採掘人の様子とかの案内板があってわかりやすい。
DSCF5633.jpg純金!!
金鉱跡から出たら資料館+土産屋にご案内。しかし財布の中はあと500円程しかないので指を咥えて見てるだけ・・・でもこの純金の延べ棒に触れたので満足。メチャ重かった。

宿に帰るが、やっぱり今日も客は一人。
寂しく夕飯(結局朝から食べてない)4杯+ビール1本をイッキに空けて爆睡。


本日の走行:100km
総走行距離:550km

-------------------------------------------------------------
8/31
今日は佐渡を島抜けして秋田まで行く予定だったが、東北はどこも雨らしい。
雨の中下道を300kmも走るなんて冗談じゃない。今日は新潟で雨待ちとする。
DSCF5644.jpg島抜け
朝の第2便で佐渡を離れる。
まだ回れてない所も沢山あってちょっと心残り。まあ、全部見ちゃっても面白くないので次回へと繋がる宿題としておこう。
DSCF5653.jpgジェットフォイル
後から来たジェットフォイルにアッサリ抜かれる。早えぇ。一度は乗ってみたいものだが、人のみ(バイクとかは航送不可)なので何かの機会でね。
DSCF5663.jpg新潟丼
フェリーターミナルで新潟丼(ってゲソ天丼じゃねぇか・・・)を食ったあと、携帯からちまちま探してビジホを予約。しかし便利な時代になったものだ。ちょっと前までは、駅前とかの観光案内所に行って「あのー、どっか安いとこないっスか?」とか聞いてたもの。

宿をキープして安心たらし、バイクの修理。
DSCF5665.jpgRB新潟
行きのフェリーの中で既に気付いていたのだが、ヘッドライトのLOWが切れている。昨日ホームセンタで車用のを買っていたがバイク屋が佐渡に無かったのでレッドバロンへ。こーいう時チェーン店は助かる。
DSCF5667.jpg交換
一昨年とかも北海道で交換してたような気がするが(笑。車用のは2個980円とかで買えるが耐震じゃないのですぐ切れる。ってのを知りながら今回のツーリングに出てしまったのも悪いが・・・
工具を借りてサクッっと交換。ありがとう!レッドバロン新潟本店(いちおう宣伝w)。交換後地元のライダーとツーリング談義を2時間程してから今日の宿「新潟東映ホテル」へ。由緒ありそうなデカいホテルだが、一部ビジネス向けに開放しているようだ。

夜は適当な居酒屋に入って就寝。今日も一人ぼっち。
携帯メールは逐一送っているが、リアルな話相手がいないと寂しいZe。

本日の走行:50km
総走行距離:600km

2009夏ツーリングレポート1

8/29-9/13の2週間に渡って佐渡~東北~北海道と総走行距離4300kmにも及ぶ超ロングツーリングに行ってきました。
これから10回程度に分けて(内容のうす~い日はまとめて)今回のツーリング模様をアップして行きますぜ。
まずは初日、自宅~佐渡編から。

8/29
05:00 いつもの北海道行きなら03:00頃自宅を出発するのだが、今日は12時に新潟に着けばいいので遅めの出発。天気予報を見ると新潟方面は雨模様。ちょっとブルーな旅立ちだ。
関越をマイペースで走っていたが、越後湯沢前で予想通りの雨。カッパで武装して再出発してしばらく走った頃、疲れて後ろの荷物にちょっと強めに凭れかかったとたん、妙に背中がスッキリ(荷物が多くてずっとリュックに当っていたハズ)した。
ん?何でだろう??と思って後ろを振り返った瞬間、驚愕の事実に我が目を疑う。
荷物が無い!!!!
正確に言うと荷物が落ちかかってゴムヒモ2本で何とかブラ下がってる!!
うわ、ヤベッ!
路肩に緊急停車して慌ててバックを元に戻す。本線上ではないが、非常駐車帯でもない場所でなのでバンバン後続車が来る。非常な身の危険を感じながら雨の中大慌てでバックを搭載して緊急発進。
こんなの初めて、心臓バクバク。次のPAにピットインして状況確認。
DSCF5528.jpg擦過痕
あちゃ~~道路とかタイヤに擦れてレインカバーがボロボロ。でもよかったぜ・・・デカいバックが落ちたらマジで大惨事になってたな・・・
原因はバックの前2箇所を固定するのを忘れていたからだった。気を取り直して再発進、11:30頃新潟港到着。
手続きをして乗船。バイクはわずか2台。
DSCF5556.jpg佐渡FT
3時間弱で佐渡島に到着。天気は曇り。
まずはトキを見に行こうと、佐渡トキ保護センターヘ。正確にはトキ資料館の施設内から保護センターに飼育されているトキを遠目に見ることになる。
DSCF5564.jpg DSCF5568.jpgトキ
施設内には最後のトキ「キン」の剥製があったり、トキに関する資料が展示されている。トキの鳴き声も聞けて(グエ~とかちょっと変わった声だが)なかなか面白かった。
朝、昼抜きで走ってたので流石にハラペコ。
DSCF5570.jpg回転スシ
適当な所に回転スシがあったので飛び込む。味は・・・まあこんなものかな?
一旦宿に寄って荷物置いてから出かけようと思っていたが、時間もないのでそのまま徘徊を続ける。
DSCF5572.jpg夕日
佐渡には水田が多く、こんな風景が見られる。

そんなことをしているうちに日が暮れて来たので、本日のメインイベント「薪能」を見に行く。羽黒山安養寺で年1回行われている能舞台。「たきぎ」の火で小さい能舞台を照らす幻想的な舞台らしいので以前からチェックしていたポイント。
IMG_1838.jpg舞台
山の中腹の小さな神社にその舞台はあった。
関係者や佐渡市長の挨拶の後、かがり火に点火されていよいよ能の始まりだ。

奉納舞は3部構成で、ちょっと呼び方が名前が判らなかったが、少年の部、青年の部、メインとなっていた。
IMG_1841.jpg IMG_1856.jpg少年、青年の部
まずは子役の部。小学生だろうか、男女2人で能を演じる。その後大学生らしき男女、壮年?の男女の順番で演じられた。
次がいよいよメインの演目「羽衣」。
IMG_1883.jpg天女登場
天女が舞い降りて羽衣を脱いで休憩していたが、ある男がそうと知らずそれを持って行ってしまった。天女が帰れないので返してくれと言うが、天の舞を見せれば返してもいいと・・・
IMG_1899.jpg IMG_1921.jpg天女の舞
こんな珍しい衣、むざむざ返すまいと思っていたが、天女の舞を見ていたところ余りの優雅さに見入ってしまい、つい返してしまった・・・とのストーリーだった。
いやぁ~最高!こんな雰囲気のいい所で間近に、それも無料で(一応寄付はしたが)見られるのだ。こんな場所はそうそうないだろう。村民だけで何とか維持しているとのことだが、後世の為にもこの素晴しい舞台と舞を是非残して行って欲しいと思った。

最後まで見ていたのでかなり遅くなったが、今夜の宿に到着。
お客は・・・毎度のようにかつP1人(^^ゞ

さて、明日はシーカヤックだ。



本日の走行:450km
総走行距離:450km

--------------------------------------------------
DSCF6256a.jpgおてまみ
薪能の実行委員会からお礼の葉書。また行きたいと思った。

2009夏ツーリング

IMG_2115.jpg宗谷丘陵にて
3週間のご無沙汰っす。

今年は4300kmものロングツーリングに行って無事期帰還しました。悪天候やプチトラブルに見舞われたものの、何とかクリアしてツーリングを続けられました。
1000カット以上の膨大なデジカメデータの整理に時間が掛かってますが、ツーレポを順次アップして行くので乞うご期待!!
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク