スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z34で伊豆ツーリング

2日間休みが出来たのでZのナラシに伊豆ツーリング。

急遽休みになったと言ってもワークシェアリングとか、短時間勤務とか、切られた(笑 ワケではない。徹夜とか休日出勤が重なったので残業減らしに「まぁちょっと休め、な?」ってこと。仕事であまり走れずナラシが進まなかったので一石二鳥ってとこかな。

急に休めって言われても宿とかチケットとか簡単に取れるもんでもない。朝ネットで「おひとり様でも歓迎」な宿を何とか探して昼過ぎにGo!!

出発が遅くなったので、今日は宿に行くだけかな?
とりあえず海沿いに出て、西湘バイパスの大磯PAでカツカレーを喰ってから伊豆半島に突入。ツーリングと言えば風呂は付き物なので、前から気になっていたハトヤに。
haotya_ito.jpgハトヤ
伊東に行くならハ・ト・ヤ、はと・・・なんてCMを昔やってたが、最近はとんと聞かない。あまり気にせず入ってみたのが「魚の泳ぐ海底温泉」ってヤツ。
平日だし、時間も時間なのだろうが、客らしい人影がまるで見当たらない。イヤな予感を覚えつつ受付で料金を見ると、なんと2000円!! た、高けぇぇ。
中に入ると、100人は入れるだろう大浴場。壁には大型水槽がハメ混まれていて怪しげな魚が泳いでいる。成る程これが海底温泉か・・・っておい!水槽が横にあるだけじゃねえかYo!!オマケに客はかつPと爺さんの2人だけでガラーンと・・・温まるはずのフロで何故か寒さを覚えたので脱出(^^ゞ
yahata_bay.jpgある漁港
途中こんな漁港に寄って夕方を感じる。
minatoya.jpg港屋旅館
今日の宿は城ケ崎近くにある「海が庭 港屋旅館」。R135の入り口に案内は無く、おまけに駐車場への裏路地が異常に狭いのはご愛嬌。部屋に案内されたら確かに海が庭だ。
umiganiwa.jpg
設備は普通の旅館だが、ここの最大のウリはこの部屋からの眺めだろう。全室こんな感じだと思う。今日はちょっと風があって浪が高い。

ほどなく夕飯。
ここは全室部屋食なので、食事がどんどん運ばれて来た。
minato_dinner.jpg一部
食事は分割して運ばれて来るので(作りたてを味わえる)イキナリ全景は撮れないけど、やっぱり量は多い。メシ前に缶チューハイとか2本空けてたのでキツイキツイ。
ebi_onig.jpg伊勢えび
スペシャルオーダその1、伊勢えびの鬼殻焼き
awa_staki.jpgアワビ
スペシャルオーダその2、鮑の踊り焼きうめぇぇ
「どこでウチを知りました?」って仲居さん(オカミさん?)に聞かれた。「ネットで」って答えると、ああやっぱりそうですか~って。一人でフラっと泊まりに来る客がよくいるらしい(^^ゞ

umiganiwa1.jpg満月
オナカイッパイになって、伊勢エビとかの焼けたニオイの空気を入れ替えようと窓を開けると満月が城ケ崎の上に浮かんでいる。比較的温暖な伊豆とは言え冬の海風は強く冷たい。遠くに大島の影がボンヤリと見えている。

部屋中に響く浪の音に包まれながら夜は更けていった。
さて、明日は西伊豆の海沿いを攻めるかな(^^ゞ
スポンサーサイト

Z34にiPod(接続編その1)

Z34にiPodを接続する、の後編。

前回は専用ステーを加工して設置するまでだったが、今回と次回でiPodの出力をZ34に入力する方法について考えよう。
iPodのオーディオOutをクルマにInputするには以下の方法がある。

1.有線
iPodのSP OUTをミニステレオケーブルでAUX IN等に接続
またはDockケーブル等を使ってLineOUTをAUX INへ
2.無線
FMトランスミッターでFMに飛ばす
Bluetooth送受信機で飛ばす

まず今回は有線接続を試してみよう。

ccip402.jpgCCIP-402
用意したのはサン電子のCCIP-402。コイツはiPodのドックコネクタに接続して、ミニステレオケーブル端子でオーディオと接続する。コイツのイイ所はiPodのオートスタート/ストップが出来るところ。キーをACC以降にすると自動PLAY。OFFすると数分後にスリープに入るスグレモノ。
Z34にはAUX IN端子が付いているのだが、RCA端子なため変換する必要がある。そこでステレオミニ<->RCA変換コネクタとオーディオケーブルを入手。
ipd_ccip1.jpgiPod側
これをiPodに接続した感じ。
ipd_ccip2.jpgCCIP-402側
Z34のAUX端子はコンソールアームレスト内にある。本来は地デジチューナを接続する為にあるようだが、ここにCCIP-402とケーブルを入れる。
のはいいのだが、コイツらだけでZの貴重な小物入れが占有されてしまう。ただでさえ小物入れがほとんど無いZなのにこんなモノで占有されるのは絶対に避けたい。iPodへのケーブルもコンソールBOXのフタの間からにょろって出るし。
まあ、コンソールBOXを一旦分解して底に見えないように仕込んで、AUNX INに割り込ませる加工も考えたが、苦労のワリに結果がショボいのでパス。

モノはイイのだが、Z34には向かないと思う。
次回は無線接続にチャレンジしよう。



・・・え?こんなもんで何回も引っ張るな?
はいはい、エンブレムとかこのあたりは全部正月に完成していたネタですよ。LEDサイドマーカ(車幅灯)がまだ完成してないんでチマチマ引っ張ろうって作戦ですよ~(爆

セロー250定番チューン

春一番が吹いて、20℃を超えたこんな日はバイクの整備日和。

ってことでセロー250(non FI)乗りには、もはや定番?常識?となったチューニングを敢行した。
セロー250のキャブ車を乗っていると魔の45km/hがあることはみんな知っていると思う。ギア位置に関係無くこのスピードになるとガクンと加速が鈍くなるのだ。感じる人と感じない人がいるようだが、よっぽど鈍感(笑 か気合が入った人だろう。確かにアクセルをワイドオープンしているとあまり感じない(爆
sr250ai.jpgAI部
これを解消するためには「AIカット」と「CDIカット」のコンボが有効らしい。
まずはAI(Air Induction:2次エア還流機構?だったかな)をカットする。エンジンヘッド部に入っている8mm位のパイプがそれだ。ヘッドとの結合部を外すと薄いシムが出てくる。
sr250ai1.jpgシム作成
純正は穴が開いているが、この穴を塞ぐようなシムを作成すればよい。今回は0.3mmのアルミ板で作ってみた。ホントはステンレスがいいだろう。耐熱と腐食の観点から。
これを取り付けると、あぁら不思議45km/h域の息付きが半分ほどに解消される。
未燃焼ガスを燃やさないようになるが、排気も特にガス臭くはない。

これだけじゃ完全ではないのでsetp2のCDIカットを行う。
sr250cdi.jpgCDI
バッテリの左にある黒い箱がCDI(点火制御器)。環境対策とやらで45km/h辺りで点火カットを入れているらしい。元はスピードメーターから来ているのでそれをカットする。
sr250cdi-c.jpgコネクタ
CDIを外してコネクタを見ると20本弱ケーブルが出ている。この左上から3番目のR/B(赤青)ケーブルを探してカットする。元に戻したい人はピン抜きで抜けばいいだろうが、面倒だし後先考えないかつPは何も考えずカットした(爆
sr250cdi_cut.jpgカット
カットした線は濡れたりショートしないようにキッチリと処理しておこう。

これで魔の45km/hは完全クリアァ~!!

メリット
・パーシャル時の息つきが無くなった
・回転落ちが少なくなった(シフトダウンがしやすくなった気がする)
デメリット
・1~2km/Lほど燃費が悪くなったような気がする
・環境へのダメージが増えたような気がする


おまけ
sr250cl_cbl.jpgクラッチケーブル
クラッチケーブルのこの辺りの被服がボロボロになるクセがあるようなので(左いっぱいにハンドル切った時フレームと噛む)テーピングとかコルゲートとかで補強したほうがいいと思う。キミのセローもチェックしてみたら?

MSI U100ゲット

最近のノートPCのトレンドと言えばネットブック。

サブで使っているIBM Thinkpad s30がいよいよキツくなって来たので新車購入に合わせ、心気一転購入してみた(あまり関係ないか)。
この前東京に出張したついでにアキバのツクモ(九十九電気)MSIのU100 Vogueをゲット。店舗保障ナシ、メーカー保障のみのアウトレット扱いだったが、未使用新品がなんと34800円!!だったのでフラフラとお持ち帰り(爆
u100_1.jpgU100
中身はこんな感じ。至れり尽くせりの某国産ノートとかと違ってあっけないほどシンプル。ソフトもDVDプレーヤとacrobatとウイルスソフトだけ。まあ、元々セカンド/サード用PCとして作られているのでこれで十分だろう。
ヴォーグといえば新スタートレックに出てくる機械化人間(だったっけ?)を思い出す。船長が一回機械化されたか何かの夢でうなされるシーンがあったような気が。
u100_w1.jpg魔のシール
さっそくバラしてカスタマイズしようとするがネジの一つに分解禁止用シールが貼ってある。ASUSとかAcerとか他のメーカはこんなの貼ってない。このシールがクセモノで剥がそうとするとバラバラになってしまい分解したのがバレて保障が無くなってしまう。
ってことでウワサで聞いていた方法を実行!
u100_w2.jpgカンペキ!!
噂の方法とはドライヤー暖めるって方法。一家に一台は最低あるであろうヘヤードライヤーで30~60秒加熱すると、あぁら不思議シールがバラバラにならず簡単に取れてしまうのだ。
u100_2.jpg分解
ネジ9本外すと中身が簡単に拝める。HDDはウエスタンデジタルの160GB、Bluetooth、有線/無線LAN付き。これにWindowsXP付きで34800円とは・・・いい時代になったもんだ。
次回はコイツのカスタマイズをしてみよう。


Z34の車幅灯を鋭意作成中
z34_wi_1.jpgテスト
試作品は完成しているのだが、テストで根本的な問題が浮上してしまった。解決策を模索中だがしばらく頓挫しそう・・・orz

Z34 LED化(トランク灯編)

Z34のLED化第3弾はトランク灯のLED化(小ネタ)

z34trnk1.jpgノーマル
Z34のトランク灯はナンバー同じ12V5WのT10ウェッジ。となればナンバー灯と同じ作り方でいいのでサクっと作成してみる。
z34trnk2.jpg完成
いきなり完成の図(右の3発のヤツ)。
材料はSHD-HBWZP3x3個、75Ω 1/4Wx1個、T10ウエッジベースx1個。抵抗が75ΩだとLEDと抵抗がちょっとオーバードライブ気味。だが1時間も2時間も長時間トランク開けて何かすることは殆どないと思ってこの設定にしてある。定格にこだわるのなら91Ω 1/2Wを使うといいだろう。
...白状するとナンバー灯作成時の試作品!だったり(爆

z34trnk3.jpgセット
相変わらず逆流防止はしてないので挿す方向に気をつけよう。これもちょっとLEDを内側に向けて作るのがキモ。
z34trnk4.jpgz34trnk5.jpg比較
どうよ?
左がノーマル、右がLED。まずまず明るくなったでしょ?
消費電力:0.9W
費用:600円


z34bose_ank.jpg
そうそう、BOSEに「低音がブーミーだし高音も和紙に包まれているようで出てない」と付いていたアンケート手紙に書いて送ったらこんなストラップをゲット。BOSEストラップが欲しい奇特なオーナーなら出してみるべし。タダだし(笑
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。