スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道へ

今年も行きます、北海道!

すっかり年中行事になっている夏の北海道ツーリング。
今年も今週末から1週間行ってきます。

CIMG0807.jpgDSCF3402.jpg北行きフェリーと利礼の丘
これは去年の写真。新潟>小樽航路のフェリーと、稚内百年開基塔ウラの利礼の丘から。

DSCF3249.jpgDSCF3715.jpgウニ丼と豚丼
ウニ丼は積丹のなぎさ食堂。豚丼は帯広の某店のもの。どっちもおいしかった。


さてさて、今年はどんな風景と人と食べ物に出会えるか楽しみ(^^ゞ
去年みたいに台風で足止めされませんよーに・・・
スポンサーサイト

LEDテール実車テスト

先日完成したLEDテールランプをバイクに実装した。

cb_t3_tss.jpgスモール点灯
cb_t3_tsb.jpgブレーキ点灯
明るさ自体は机上テストしていたので心配していなかったが、マズマズの出来だ。

画像2枚共、左のランプがLEDユニットVer3、右がノーマル電球。
スモールの明るさは微妙に明るいかな?と思う程度で問題無し。写真では青めに写ってはいるが、ナンバー用の白色部分は気持ち青白かったVer2よりさらに白く明るくなってカンペキ。クルマと比べても、特に明る過ぎと言う感じでもなくスッキリとした感じに仕上がったと思う。
ブレーキもカンペキ。画像のコントラストを変えてよくよく見ると若干暗く写っているようだが(中央部分。端のほうはV3が明るい)、LEDの光は赤色成分が多いためこのように映るのだろう。実際の点灯状態を見る限り全く問題ない。

消費電力
スモール=1.6W(電球:5W)
ブレーキ=5.8W(電球:21W)
Ver2よりブレーキ電流を0.1A程多めに設定しているがそれでも約1/4の消費電力。

これを装着して50km程度高速&一般道を走って来たが、心配していたコネクタのガタは発生しなかったのでこのまま本番運用しよう。  ちなみに費用は・・・2個で6000円弱(^^♪



オマケ
cb_w_v4.jpgサイドマーカ
左側がサイドマーカ(車幅灯)Ver4で右がノーマル電球。超明るいっしょ?

LEDテール+ウインカーでは車検はパスした実績があるが、最近ウルサくなって来たらしいサイドマーカはどうだろうか?クルマでも見事パスしているのでこれも問題ないハズ(^^ゞ

CBR LEDテールV3完成

CBRのLEDテールランプV3が完成。

前作のV2は実装から3年過ぎて故障し始めたので、修理して使っていたがどうも気に入らなくて後継のV3を作っていた。前作は構造を考えるのに試行錯誤して苦労していたが、この形を作るのに馴れてきたのもあって比較的ラクに作れた。

cb_t3_pk1.jpg基板
cb_t3_ls1.jpgLED
cb_t3_as.jpg合体
LuxeonK2に合わせて回路を変更した基板を作成。銅板にK2を固着したものと合体。
今回のキモは基板とT20ソケット(透明なヤツ)との合体だった。結果的に得意のバスコークを充填したところに基板を挿して固まるのを待った。

合体してバスコークが固まったらテスト。
cb_t3_t_sm.jpgスモール
cb_t3_t_br.jpgブレーキ
上がスモールの点灯状態。下がブレーキ点灯状態。
スモールは一回テストして明る過ぎたので抵抗を交換している。ブレーキは問題なし。熱問題もLEDのベースに銅板を使ったり、板の面積も大きくして多少改善しているが依然として厳しい。スモールは長時間でもほんのり暖かくなる程度だがブレーキが厳しい。5分連続点灯テストしたが、銅板は火傷しそうな熱さになりとても素手で触れない。クルマと違ってブレーキを掛けている時間は圧倒的に少ないので実使用に問題ないとは言え、150℃と言われるK2の熱耐性に賭けるしかないかな(^^ゞ
実際、V2のLuxeonStarは耐熱温度も低くもっと厳しかったのに熱破壊してないし。

明るさ自体はV2ともノーマル電球とも試験点灯でで比べて問題なかったので、あとは実車で比較しよう。

CBR LEDテールランプV3着手

3年半前にCBR900/929のテールランプをLED化したが、どうも具合が悪い。

前兆が出たは去年の能登ツーリングの時。高速で600km以上走って、YHに泊まってから出発した2日目の夕方、同行のN氏から「ブレーキランプが半分ついたり消えたりしてるよ」との指摘。何で?と思って確認すると左側が消えてるじゃん!
一部だけ消えてるのかと思ったら真っ暗。こりゃ完全にイカれたかと思って叩くと点いた。ふうむ・・・どうやら根元がおかしいようだ。一回ソケットから抜き差ししたら調子良くなったのでそのままにしておいた。しかし最近、ちょっと気になって見ていたらナンバー用の白LED部分が消えている...orz。そこで外して詳細に確認した。

cb_t21.jpg cb_t22.jpgV2の左側
調子ワルいのは左側。能登の時に全部消えてたのは根元のソケットとの接触部分がちょっと潰れていたため。これはハンダを盛って調整していたが、白の調子ワルいのはLEDを触ると点いたり消えたりしたのでハンダ割れだ。
cb_t23.jpgV2修正
バスコークをグチャグチャ掘出してハンダ付け直し。壊れた時の修理のことはまるで考えてないので始末に悪い。再固定は面倒なのでゴム用ボンド(^^ゞ


修理はこれで済んだのだが、どうも気になるのでV3を作ることにした。
元になったのはV2とクルマのテールランプLED化の2つ。基本構造はV2そのものだが、LEDはLuxeon StarからK2に変更。耐熱温度が150℃と高いし輝度も高い。放熱板はアルミ>銅板へと変更する。また、バイクとの連結はT20ソケットを使う。
cb_t32.jpg基板
cb_t31.jpg放熱板+LED
LEDに合わせた抵抗値が若干違うだけで回路自体はほぼ同じ。放熱板には固まる放熱用シリコーンでK2を接着した。

さて北海道ツーリングまでに間に合うのか!?




試作品はもうデキてたりして・・・
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。