スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大漁ゲット

久しぶりにカメラを買ったはいいが、記録媒体が無かったので大人買い。

いわゆる銀塩(デジカメが出るまではこんな呼び方はしてなかった)カメラの画像記録媒体はフィルム。35mmポジ、35mmネガ、中版、大判と違いがあるように、デジカメにも画像を記録する媒体が数種類ある。

sdsdsd.jpgSDがいっぱい
コンパクトデジカメの初期の頃は内蔵メモリのみ(トイカメラ:おもちゃ扱いなデジカメ)とかあったが、記録画素数が増えるに従い内蔵出来なくなってなって消えていった。大まかに分類してFuji,Olympus系のSM(SmartMedia)とそれ以外のCF(CompactFlash)だったが、薄さの制限とやる気のなさからSMは128Mで容量上昇は止まってしまった。その後CFが数年間全盛だったが、ここ1-2年はSD(SecureDigital)カードが破竹の勢いで市場を奪ってしまった。Canonもそうだが、自社メディアにあれほど固執していたFujiも圧倒的なメディアシェアの違いから方向転換、ついに折れてxDピクチャーからSDに対応した。ったくオレのxD対応機はどうしてくれんのyo!!
そこで、激安SDカードを大人買い。某上海問屋で5枚ほどゲット。アキバに買いに行ってもよかったのだが、雨でバイクも乗るのもヤだし電車は帰りがヤだし、キレた野郎のストレス発散のターゲットにされてはたまらんのでメディアくらいなら通販っしょ。しかし150倍速とかClass6とかを買ったハズなのだが、アクセス(読み書き)速度が倍ほど違うものがある。さすが激安通販!!大陸品質ぅぅ~。まぁ返品も面倒だし、電車とかヒコーキとか、クルマとか、鳥とかを連射撮影はほとんどしないので問題にならない。もし有名メーカ製を量販店で買うと値段3倍はカタイんで。


買い物ついで?にこんなものも大人買い。
btdn08061.jpg btdn08062.jpg豚丼がいぱーい
冬に一回お試し版を買って喰っていたが、底を付いたので、某美味いもの市ってとこにオーダ。今度は正式版?の16食セット。大家族用?に32食セットもあるが、たまーに喰う程度なのでまるで必要ナッシング。これでしばらく困らないゾ。

・・・マスメディアに感化されて通販してるようじゃ、俺も主婦と変わらんなぁ
次は最近ずっと見てるShopchに突撃してアサイーでもゲットするか(爆
スポンサーサイト

あなたにKiss(はあと)

数年ぶりに一眼レフカメラをゲットした。

銀塩(フィルム式)カメラは以前から持っていたが、フィルム代とデジタル化の手間がかかるため、コンパクトなデジカメで済まして来た。
コンパクトなデジカメはDS-10(0.35M),Finepix1500(1.5M),F601(3M),F700(3M),F30(6M)とフジフィルムばっかりで揃えている。個人的にビビッドな色の乗りが気に入ってたから。DS-10の35万画素なんていまのケータイにも劣るが、まあ11年前なんだからしかたないっしょ?

デジタル一眼カメラは2001年頃から出てはいたが、70万円とかあまりに高価で、画質も値段相応とは決して言えなかったのでずっと敬遠してしてきた。しかし最近は価格も下がって、画質も上位~下位機種までほとんど変わらない絵を吐くようになったので買ってみることに。

1n_x2.jpg1n VS X2
買ったのはCanonのEOS kissX2。
なんだKissかよ?と思うかもしれないが、ぶっちゃけ、出力される画像はアニキ分の40Dとか5Dと同じ。連射性能がいいかフルサイズか、ボディの機能の程度の差しかない。同じ絵なら軽くて安いほうがイイに決まっている。フィルムの時も1nとか買って使って思ったが、結局のところ、いい写真が採れる条件はレンズとタイミングとちょっとした努力だと感じたから。←ナニをエラそうなこと言っんだか(^^ゞ

ks_x2.jpgKiss兄弟
KissはKissでもフィルムとデジタル。X2のほうがちょっとだけ大きい。フィルムのはもう動かないかな(-_-;)

レンズは昔買ったヤツでテストしているが、広角が足りないので純正のEF-S 10-20mmかTOKINAの116を考え中。望遠側はSIGMAの120-400mmかな。


ああ、レンズ沼にドプーリと・・・

Solarisインストール 俺的メモ(続き)

格安ゲットしたノートPCにSolaris10を入れるの巻、の続き。

sol10grub.jpgOS選択画面
全部入りでInstallして再起動したら環境設定をする。

・ネットワーク設定
アップデートファイル等をgetするには、なにはともかくインターネットに出る必要がある。
/etc
hosts
nsswitch.conf 名前解決
defaultrouter デフォルトゲートウェイ
nodename コンピュータ名
resolv.conf DNSサーバのアドレス

/etc/inet
hosts
netmasks サブネットマスク
ipnodes hostsと同じ

nsswitch.conf
resolv.conf
各自の環境にもよるが、この2つだけ設定してやればインターネットに出られる。


・日本語環境の設定
install時に言語:Japanese/キーボード:Japanese-tyep6を選んでいても、installが終わって再起動するとなぜか英語KB/英語環境になってしまう。バグらしいが入れたい文字が入ってくれないのは結構なストレス。
日本なヒトはこの罠(^^ゞに苦労しているらしく、いろんな解決方法があるようだ。

キーボードが101になるのは
#eeprom
...
 kbd-type=Japanese-type6
jpになってるのに。まあこれはSunマシン添付のType6USBキーボードのタイプ。

そこで
#eeprom kbd-type="Japanese(106)"
もしくは
/boot/solaris/bootenv.rc
の該当の部分を106に書き換えればおk。eepromコマンドはここを書き換えている。

次に
 起動>デスクトップの設定>キーボード>動作>レイアウト
レイアウトがU.S.Englishになってるので削除してJapaneseにする。
さらに
 起動>デスクトップの設定>入力方式>言語/スクリプト

で入力する言語/スクリプトの一番上に日本語を持っていく。
これでリブートすればスキーリ。
は?Unix?当然英語だろ?ってなヒトは101KB繋いでUSでinstallすれば無問題(^^ゞ

この後で日本語関係のパッチを当てるとパラメータが変わってしまうので
#eeprom keyboard-layout="Japanese"
を入れないとダメ。勝手に変えるなよSun<`~´>



・ハングアップ対策
JDS(Sun java Desktpo System)を使っているとファイルマネージャ類が頻繁にハングする。
CDEならあまり問題ないがSunはもうサポートしないって言ってるので何とかしたい。

どうもGNOME(Windowsで言うところのエクスプローラ)が重くてハングするようだ。
設定変更して軽量化すればイケるので変更しておく。

 起動>デスクトップの設定>表示>テーマ>"シンプル"を選択
 起動>デスクトップの設定>パネル>"引き出しとパネルのアニメーション" 外し


また、SoundServerを使っているとハングしやすい。効果音は全部offにするとイイ感じ。

・grubメッセージ変更
ブートローダのメッセージ変更。趣味の問題(^^ゞ
/boot/grub/menu.lst を好きなように書き換えればOK

・sendmail停止
起動停止時にコイツのエラーが必ず出てウザい。1台だけなら止めておく。

# svcadm disable svc:/network/smtp:sendmail
or
# svcadm disable sendmail


・パッチ
OSは何となく新しいほうがいい(^^ゞと思うので、まずカーネルのアップデートをする。
updmgr.jpgUpdate Manager
ちょっと前まではpatchセット(jumbo patch)をDLしてコマンドでやっていたが、GUIで使えるようにとWindowsUpdateならぬUpdateManagerが出来た。こんな便利なツールを使わないテはない。

Sloaris10 11/06のkernelは118855-33なので、
118855-36 SunOS 5.10_x86: kernel patch
を選択しインストールをクリック

ただ、アップデートタイプがdownload onlyなので、DL後自分でupdateしなければならない。
pacthファイルは/var/sadm/spoolに落とされる。
(#smpatch download -i 118855-36と同じ)

#cd /var/sadm/spool
#smpatch add -i 118855-36

(ファイルブラウザ上でjarファイルを解凍後)
#patchadd 118855-36
でも同じ。

118855-33 > 118855-36 > 120012-14 (これはちょっと苦労した)
までは問題なくアップ出来たが、Release 05/08相当の127128-11を入れると
必ずkernelロードの所でハングする。
まだ解決出来てないが、さらに新しいpatch137112-01を入れると解決するかも知れない。


これについては後で検証したい。

世代交代

7,8年使ったモニタがいよいよヤバくなって来たのでバイバイした。
MMX-Pentium-166MHz(死語)の頃からパソコンは自作モノを使っているが(ノートは別)その頃買った飯山(現iiyama)の17'CRTディスプレイだが、最近になって画面表示がおかしくなってきた。縦方向はいいのだが、表示の横幅がだんだん小さくなってきた。水平発振のコンデンサか何かが抜けてきたのだろうが、表示が狭くなったり戻ったりを繰り返すので気になって仕方ない。

そこで新しいディスプレイを探したのだが、もうCRT(CathodeRayTube:ブラウン管)タイプを生産しているメーカは極僅か。それも15'とか17'の廉価版ばかりで買換える意味が無い。色の再現性とか描画応答性はCRTが圧倒的にいいのだが、、、仕方なくLCDの中でも高級版とされるIPS液晶を使った某社製を手配。応答速度が気持ち遅いようだが、パソコンでゲームはしないので無問題。

新しいモノを手配したのはいいが、置き場所が無くなったので古いのを処分することにした。
処分っても色々方法はあるが
1.粗大ゴミとして出す
2.知人友人に(完動品だとダマして)売る
3.ネットオークションにNC,NRで出す
4.解体してチマチマ燃えないゴミで出す(CRTはムリだな・・・)
5.コッソリ廃車の中に置いてくる

ロクでもない方法ばっかりだが、その辺に黙って放置するのは犯罪行為(^^ゞだし、市でも引き取ってくれない。そこで有限責任中間法人パソコン3R推進センターとかに合法的に粗大ゴミとして出したかったが、リサイクルマークが付いてないCRTは廃棄費用が4200円する。自作した本体はやはり4200円。今回はCRTx1+本体x2台捨てたいので4200x3=12600円!!もする。
もっと安く捨てる方法は無いかと探していたら、パソコン無料回収なる業者をハケーン。早速突撃してみた。
muraoka1.jpgmuraoka2.jpgMURAOKA
今回行った所は、数ある業者のなかでも一番近かった「村岡商会」。
数年前からパソコンの無料回収・処分をやっているらしい。程度のイイのは買取・販売もやっているようだ。店に入り早速尋ねると、「あー、あそこに置いていって下さい。あとこの紙に台数書いておいてくれればいいですよ」と、あっけなくOK。
ホントに大丈夫なのかと心配になったが、さも当たり前のように店員氏は去っていったのでお言葉に甘えて置かせてもらった。しかしどうやって利益を上げているんだろうか?気になって考えていたが、どうやら中古のブツから程度のイイのを抜いてそれを販売して利益を出しているようだ。古紙や生ゴミを再生するより、はるかに利益率は高そうだ。これもニッチ産業の一つの成功例だろう。

syogouki.jpg初号機たち
バイバイしたのは初号機こと440BX+Celelon1.4GHz(スペシャルなゲタを使用)マシン、sunのBlade150、そして17'CRT。初号機は自作初期から使っていた思い出深いヤツなのだが、出番も少なくなってきたので泣く泣く処分した。Blade150も買っはいいが、eepromの調子が悪く、promコマンドをいれても反映されなくてイヤになって放置していた。SYSBDを買って直してもいいのだが、中古の本体買ったほうが安いので結局バイバイ。Solarisの勉強ならintel機でもいいし。Sun本来のSTOP+Aとかpromの動作を勉強するにはSparc版がイイのだが・・・
syohgou_bye.jpgバイバイ
心残りは色々とあるが、思い切ってサヨナラした。思い出深い別れは何にせよツライもの(;_:)


・・・あ、DVD外すの忘れた!!MatroxのG450もPCIの適当なヤツに入れ替えとけばよかった、AHA-2940UWも外し・・・ま、いっか!!キリ無いし(^^ゞ

Solarisインストール 俺的メモ

ノートPCを超格安ゲットした(気の迷いで何気に入札したらそのまま落札・・・)。
Thinkpad s30にVineLinuxを入れていたが、コイツにはSun micro systemssolaris_sun2.gifSolaris10を入れてみよっかなーと(^^ゞ
Solarisって言うと、惑星XXとかいうSF(1972年のソ連製だった・・・)とか、何かコ難しいUnixの派生品で紫色のハデな筐体とWebサーバ用なマイナーな商用OSのイメージが強い。
元々はSunOSと言っていたが、Version2.6.以降Solrais7,8,9,10となっている。その名残で今も#uname -aとかでVersion確認すると[SunOS 5.10]と出る。

PCに入っているOSはWindowsXPだが、これを消すのももったいないのでチマタでハヤリのデュアルブートにする。Solaris10はFAT/FAT32がマウント出来るので、ファイル共有の為に、あらかじめDドライブはFAT32でフォーマットしておく。

マシン:
日立 FLORA220W/NS5(Celelon-M,1.0GHz,intel830MG,256MB,30GB)。
+256MB,+DVD/CD-RWを増設済

DISKのフォーマット
C:10GB,WinXP,NTFS
D:4GB,FAT32
未使用:15GB

まずはSolaris本体を入手する必要があるが、1.sunから無償DL 2.Solaris Media Kitを買う(約4000円) 3.ヒミツのルートで入手する方法があるが、手っ取り早くsunからDLしたほうがいいだろう。9までは10000円位の媒体を買うしかなかったし。7は当時の勉強の為(SCSA取得)に買って持ってたりするが(^^ゞ

DLする為にはResiter(ユーザ登録)する必要がある。全部英語だが、大して難しいページではないので登録しておこう。やんごとない事情があって個人情報取られるのがヤなら架空のユーザに偽装しても登録は出来るのだが(^^ゞ

ってことでsunからDLしてDVD/CDを作ったらインストール。現在のVersionは5/08。FloraNS5はCD bootは出来るが何故かDVD bootは出来ないのでCDからインストールする。

しかしイキナリ問題発生。bootしてkernelのメッセージまで表示されるものの、そこからウンともスンとも言わずにハングする。何回やっても同じ。試しに昔DLしていた11/06だとinstall画面まで進む。媒体の問題ではない(1世代新しいPentium-M+855GMなThinkpadX31では無問題)だったのでサポート外なのかもしれないSolaris HCLには(´・ω・`)ショボーンとも (・∀・)イイ!とも書かれてないので判断できないが...元々Solarisのハードの要求はかなりシビアなので仕方ないか。

以前焼いてあった11/06がまだあったのでこれをinstallして行こう。
sol10inst.jpg

(つづく)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。