スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X-DayにはX-Box

X-Day(クリスマス)にはXなモノを。

xb360.jpgXBOX360
Microsoftが販売しているゲーム機、XBox。初代XBoxをゲットしてからもう3年ほどになるが、マーケティングの問題とゲームタイトルの少なさから泣かず飛ばずの売れ行きだった。
Diskが傷付いたり、X箱(ダメバコ)とか墓石とか散々な言われようだったが、一部マニアの間では改造してLinuxを動かしたりして本来とは違う方向に存在意義を見出したしりていた。

その後継機がこのXBOX360だ。
これもやはり日本国内ではスタートアップに手間取ったが、PS3よりかなり早くから発売して顧客獲得に躍起だ。かつPも買うかどうか迷っていたのだが、設計変更で消費電力が60%程度になったと聞きつけて購入に踏み切った。

xb360vp.jpg中身
このバリューパックからCPUと冷却機構が変わって、死のレッドリング(オーバーヒートで再起不能表示)が出なくなったようだ。これはこのあたりが詳しい。初代Xboxのソフトも結構動くらしいのでゲットしてみた。

xb360warn.jpg警告
最近はいろんなモノにこんな警告が印刷されている。このキャラは結構リアル。以前、別の製品もこんな包装に包まれていたのを紹介したが。
キャラにはいろんなバージョンがあるので、継続して探してみよう。

で、動かした感想は・・・うるさい!
冷却FANの音かと思ったら、なんとDVDドライブの回転音だった。うるさいとは聞いていたがこんなにうるさいとは思わなかった。52倍速のCD-ROMじゃあるまいし。HitmanとかTombRaiderとか静かめなゲーム好きなかつPにとっては致命的。何かに包んでしまおうかと思うほど。ラックの中に入れてしまおうかな?でもレッドリングが怖いし・・・。

だが回転音がうるさいのは360対応のゲームだけ。初代のゲームをプレイしても全然うるさくない。何でだろうか?エミュレーションしてるから早くなくてもいいのかしらん。

あと、メディアの傷にかなり弱い。初代では何の問題もない傷でも360では簡単にエラーで読めなくなる。ったく、いいとこないじゃん<`~´>

俺もDVDのファーム書き換えて静音化しようかな?でもシステムが改造検知して、MSのセンタでブラックリストに入れられるらしい。オンラインでシステムのアップデートがかけられないとバグ対策もできないし・・・
HDDも20GBでは全然足りない。ゲームのデモをDLしていたらあっと言う間に半分以下になった。I/FはS-ATAだが、フォーマットが特殊で換装に成功した報告はまだ見ない・・・ってか改造な方向のことばっかりだ(^^ゞ
スポンサーサイト

北海道ツーリング最終日 - 帰還 -

9月10日

昨日は思いっ切りテレ、ぢゃなく思い切り走ったので全然疲れが抜けてない。
しばらく船室でウダウダしていたが、起きて甲板に出てみる。

0910mor.jpg雨?
海を見ると雲が低い、と言うか海霧が深くたてこめている。このまま雨なのかな?と思いつつ戻って昨夜セイコマでゲットしてあったランチキットを広げる。

0910lunch.jpgランチ
この船は食堂が無い(おにぎりや麺、ハンバーガーの自販機のみ)のでランチキット持参必須。メインデイッシュは例のやきそば弁当。ちょい辛ってのは去年は無かったハズなので珍しいと思い買ってみた。東洋水産の発表資料を調べたら今年の2月発売だった。こいつらをイッキに喰って終了。

gpsonfery.jpgGPS
やき弁喰いながら窓際にGPSを置いていたが、船内もあってかあまり衛星を拾わない。
別にやること無いのでまた寝る(^^ゞ

0910ooarai.jpg大洗港
寝たり起きたりを繰り返し(^^ゞ19:40フェリーから脱出。

0910mitoic.jpg水戸IC
水戸大洗を20:15にin。気温は25℃もあってヌルい感じ。月曜の夜だし混雑もない。

0910misato.jpg三郷JC
21:30三郷JC通過。首都高に入ると多少車が多くはなるが無問題。

23:00ジャストに帰宅。ふー、やっと帰って来たぜ。
今回も色々あったよなーって、おい!そんな感傷に浸ってる場合じゃねーだろ!空き巣はどうなってんだよ!空き巣は!!
見た所、鍵は壊されてないようだ・・・恐る恐る玄関をガラガラ(引き戸なんで)と開ける・・・・・・・・・クンクン、変な臭いはしないな。明かりを点けて緊張の一瞬!・・・・・・おおっ!荒らされてないじゃん!ってーことはナニかぃ?俺がボケて開けっ放しで飛び出してったってこと?

ったく自作自演かよ!疲れんなーもう<`~´>
その足で大家さんに土産持って挨拶をする。とにかく何もなくて良かった。出る時も帰って来てもバタバタで疲れたよ。ホント。

本日の走行:180km


-----------------------------------------------------
戦利品&まとめ

0709miyage2.jpgストラップ類
まりもっこり、マリーモコリン、おっぱいどー、アサヒヤマン。礼文島キーホルダー。
モッコりシリーズも増えたねー。4年位前に確認した時は正直「こんな下品なの売れるんか?」と思ってたが、コンスタントに売れてるらしい。おっぱいとか、モコリンってのもどうよ?って感じ(^^ゞ

0709miyage1.jpgいろいろ
韓国フェアでゲットしたチャングムグッズ、北海道レンジャー、ジンギスマン。
このご当地戦隊グッズも増えたよね~。全国どこ行っても土産物屋に行くとXXマンストラップとかあるし。ま、なんだかんだ言ってる本人が一番買ってると言う話も(^^♪

tokachibeer.jpgsimatshut.jpgビールとTシャツ
十勝の地ビールと利尻・礼文島のTシャツ。礼文のはお風呂!って宿に呼び戻される直前に買っていた。

2007sum.jpg200709_sum.jpgGPSデータ
GPSのサマリ(一覧)画面での積算距離は2611kmになっているが、バイクのメータでは2780kmだった。トンネルで衛星をロストした後の再補足までの時間(距離は加算されない)や、走っている時に100%電源入れてるワケではなかったのでこれ位の誤差は出るだろう。
あとは走行の軌跡。日本海から小樽までいきなり飛んでいるのは、空白のポイントをソフトが直線的に線をつなげてしまうため。フェリーが空飛んでる訳ではない。稚内や帯広近辺でウロウロしているのがモロに判ってしまう結果になった(^^ゞ

もう十数回行っているが、マンネリになってる部分もあるけど毎回新しい発見をしたり、次回への宿題が出来たりする。ほんとに奥深い所だ、北海道は。

また冬の北海道にも行ってみたいものだ。

総走行距離:2780km


まとめ終了
-----------------------------------------------------


・・・2007夏の北海道ツーリング編はこれでおしまい。
次回からはタマりまくっている日々のマターリした事を書いて行くゾ!!

北海道ツーリング11日目 - 東京~青森走破? -

9月9日

台風の影響(お陰かな)で休暇を一日延長したが、とうとう道内最終日。
苫小牧には22時頃着けばいいので時間はタップリある。去年もタイミング悪くて行けてなかった所があったので、そいつをやっつけながら向かうとしよう。

chi_mio0909.jpg見送り
4日間お世話になったちろんぬっぷを9:00出発。(ひ)さん、(ま)さんに見送られながら走り出す。毎年、旅の終盤に必ずお世話になってる宿。マッタリた雰囲気は前半トバし過ぎて疲れた体を癒にはもってこい(^^ゞ今回も4日間雨のお陰で充電完了。

さて走るぞ。
まずは懸案事項だった、ジャンクフード蒐集の道東編の一つ、「エゾシカバーガー」のゲットに向かう。目的地は阿寒町。3時間程走るので、時々止まって気分転換。

mame0909.jpgtantakatan.jpg5goubus.jpg途中の風景
走り出すとすぐ広大な田園風景が広がる。ブルーシートを被っているのは大豆。刈った後しばらくこんな感じで乾燥?させるらしい。2時間弱走ると急に紫色の絨毯が広がった。近くに看板があったので見てみると「鍛高譚のふるさと」だそうな。タンタカタン?どっかで聞いた名前だな・・・・・・あ、しそで作った焼酎ってヤツか。その原料の紫蘇畑ね。
その先には(例の個人的趣味の)バス停の看板を発見。ほほー、ここは1日3往復か。朝の白糠駅行きが7:41、帰りは17:48。こっから釧路へ通うとして、朝は9時に間に合うだろうが帰りは厳しい。会社・ガッコを5時に出ないと絶対間に合わない。かつPのように早出、遅番、深夜呼び出し、休日出勤当たり前の仕事じゃ絶対ムリ・・・ま、この辺ではそんな仕事は無いか(^^ゞ
しばらく走って阿寒町街に到着。

redbery.jpgbermenu.jpg赤いベレー
ここは「阿寒町サイクリングターミナル 赤いベレー」(HPではサークルハウスになっているが建物にはサイクリングターミナルと書いてある)あかんランド 丹頂の里にある食堂・宿泊施設。チャリも貸し出しているのでサイクリングと書いてあるのだろう。ここにお目当てのジャンクフーヅがあるのだ。

ezsikabug.jpgdatyodog.jpgエゾ鹿&ダチョウ
じゃーん、これがウワサのエゾシカバーガーダチョウスティックドッグだ!その名の通り、原材料に蝦夷鹿と駝鳥を使っているゲテモノ?とも思われる食べ物。しかし喰ってみると殆ど分からない。一昨日喰ったもみじ丼もそうだったが、味付け(ドミグラスソース)が全面に出ておりクセは感じられない。もう一つのダチョウドッグだが、これもソースが強めでクセはなく普通に喰えた。もっと怪しい味がするかと思ったんだけど・・・ま、あまり素材の風味を出しても喰えないのだろう。万人向けに無難に作ってあった。

苫小牧から遠くなる方向に来てるので結構遠回りになってるぞ。
来た道を戻って、阿寒、白糠を抜け浦幌町に向かう。天気もいいし久しぶりに昆布刈石道路に寄ってみるか。

knbkr070909.jpgknb070909.jpg昆布刈石
浦幌町の十勝太から厚床に抜ける道で、海岸線の高台を走るいい雰囲気の道。落ちそうで怖いっしょ?
ここには97年にも来ているのでちょっと比べてみよう。
knb9709.jpgknb0709.jpg10年の歳月
左が97年。右が今回。ほぼ同じ場所から撮って見た。当時は電柱が点々続いて荒涼とした感じの砂利道だったのだが、今は左側にキレイな道路が出来て(まだ開通してない)、あまり車が通らなくなってしまったようだ。道幅が狭くなってるので分かると思う。全面開通したらここは廃道になるかも。
高台で潮風に吹かれていたら、年甲斐もなくおセンチな気分に(^^ゞ今日で北海道終わりだし。
さて、次は襟裳岬に行こう。

naumanzou.jpgナウマン象
大樹町街を抜け、晩成温泉をひやかした(入っとけばよかった)先にナウマン象の看板があったので寄り道。昭和44年に完全骨格が発見された記念碑。今は訪れる人もいない。
国道に戻って走っていると、赤白のチェッカーに塗られたデカイ建物が遠くに見える。サイロにしてはデカイし何かの工場にしては形がヘン。ちょっと気になったのでまたまた寄り道。

jaxanict.jpg成層圏へ
近くに来ると実際デカイ。何の建物かと確認したら、JAXA(宇宙航空研究開発機構、H2ロケット打上げてるとこね)の成層圏調査サイトらしい。何でも飛行船を成層圏まで飛ばしてオゾン層の調査や、地上監視・映像発信、無人飛行の技術試験をやってるらしい。今日飛行船はいなかったが。

潮に煙る黄金道路を抜け、日没に襟裳岬到着。
erim0909.jpg襟裳岬
大きな夕日を見ようとかなりトバして来た甲斐なく曇りで何も見えず。しかし疲れたー!メータを見るともう480kmも走ってるじゃん!!どーりで疲れるハズだ。
岬あたりをしばらくウロウロして、売店をひやかしていたが、さっきからずっと1台オフ車が留まっている。ライダーは駐車場のはじっこで何をする訳でもなく座っているようだ。日も暮れて暗くなったのでそろそろ行こうかとバイクまで戻ると、さっきのライダーが近づいてきた。何か用でも?

W氏(後で判明):こんにちわー
かつP:ちわっす
W:ツーリングですか?今日はどっちまで?
か:そうです。今日は苫小牧まで行きますよ。
W:私も帯広まで行こうと思ってたんですけど、急にエンジンかからなくなっちゃって・・・
か:えっ?そーなんですか?症状は?
W:キーONしてもウンともスンとも言わないんですよ、で、諦めてレッドバロンを呼んでるんですよ。で、さっきからずっと来るのを待ってるワケなんですよ。
か:ランプも付かないならメインヒューズかな?バッテリの突然死ってのもありますから。キーシリンダーのメインSWが死んでるかも知れないし・・・テスターとか電線があればチェック出来るんですけどねぇ・・・

その後しばらくはツーリング談義。住所は意外と近くて、電車で20分の場所。スポーツの指導をしているそうだ。かつPより結構年上の人だった。まだ買ったばかりなのに・・・とボヤいておられた。しばらくしてトラックが到着。
erimxr1.jpgerimxr2.jpgerimxr3.jpg救世主登場
30分程でレッドバロン帯広(一昨日寄ったような気が)のサービスが到着。しばらくチェックしていたが、こう暗くては調べるのも難しい。諦めてお持ち帰りとなった。バイクを載せ、W氏は助手席に乗って出発して行った。

Wow!付き合ってたらこんな時間(18:30)ぢゃないか!まだ200km以上あるので先を急ごう。

erimbusst.jpg闇夜のバス停
襟裳町に入るまで街灯が一本もない真っ暗な道だった。セローのライトはしっかり点いているのだが暗闇に吸収されてまるで意味をなさない。こんな暗闇走るのは夜の天城峠(伊豆)以来だ。旧トンネルは出るとかイワク付きなので、バックミラー見ないで浜田省吾の「MONEY」か何かを大声で歌いながら通った遠い記憶が蘇る(^^ゞ

nicupnight.jpg闇夜の馬
襟裳~苫小牧間では一番大きい(少なくとも夜走ると一番明るくホッとする)静内の町内を抜けて、また寂しい道をしばらく走ると山側にこんな絵がボウっと浮かび上がっている。馬の町なのでこの絵を描いたのだろうが、人通りも非常に少ない夜中にマジマジみるとちょっと不気味。

0909tomft.jpg670km.jpg苫小牧FT到着
22:00ジャスト、距離の長さと寂しさに疲れ果て、時々セイコマで休憩しながらついに苫小牧港到着。上士幌を9:00に出て13時間、距離670kmを走り抜いてようやく到着。長かったー。よく考えたら700kmって東京ー青森間の距離じゃん。メッチャ疲れたのも当たり前だ。
もうちょっと早い時間ならいつもの回転すし(海天丸)に寄って、北海道のシメとしてリッチに喰いまくるのだが・・・隣のCoCo壱番屋で妥協しよう。体も冷えてるので3倍辛をオーダーする。

0909tomft1.jpg0909tomft2.jpgばいばい
23:30苫小牧港出航。
長いようで短かった10日間だった。特に前半は島めぐりで、朝早く起こされてキツかったがそれもまたいい思い出になった。後半は台風さまさまで休みを一日延長。温泉にも入って前半の疲れを完全に癒せた。まあ、今日は欲張り過ぎたがカレーも喰ったし後は寝るだけなので疲れも気にならない。

ビールで出航を見送ったら強烈な睡魔が襲って来た。船室に戻って横になった途端眠りに落ちた・・・


本日の走行:670km
総走行距離:2600km
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。