スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEDテールランプV4

開発中のセロー用LEDテールランプVer.4がようやく完成。
年末あたりからヒマな時にボチボチ作り込んでいたモノがようやく形になった。今回は5mmの砲弾型LEDではなく所謂パワーLEDを使った。理由として、正面のみの明るさなら全く問題ないのだがちょっとナナメから見るとかなり暗くなってしまうから。またナンバーも若干暗く感じていた。ナンバーが暗いのは、ワルいことして逃げる時には好都合だが(爆

V3vsV4.jpgVer4 vs Ver3
左がVer4、右がVer3。かなりゴツイ感じがするは構造上仕方ない(キタならしぃのは気にしない!!)。発想の元になったのはCBRのテールランプV2。これもパワーLEDを使って作ったので放熱板のためにゴツくなっていた。ただ今回は放熱板はアルミではなく銅板を使った。より放熱しやすくするための変更。それを実装するとこうなる。

V4t1.jpg実装試験
レンズを外して装着した状態だが、見てわかるように真横からでもかなり明るい。これならどの角度から見ても全く問題無いだろう。明るさはOKだとして、唯一気になっているのは発熱。スモール状態でレンズを被せ机上で2時間連続点灯テストもしたが、熱ダレで暗くなるとかプラスチックレンズが溶けるようなことはなかったものの、放熱板全体が手で触れないほど熱かった。しかしこのLED自体150℃まで耐えられるようなので構造変えなくてもイケるだろう。と言うか作り直すのは面倒だし、LEDも安くない(800yen/個)のでやりたくないってのが本音。


#実は先月には装着して、既に100km程走行していたのダ。今のところトラブルは出ていない。
ホームページには近々アップします。
スポンサーサイト

ハードマニア(その2)

フラっと寄ったハードオフ。そこで見つけたジャンク品たちにすっかり取り憑かれてしまったかつP。今日はその第2弾。
前回は無線APとHUBを買って来たが双方まともに動作せず2戦2敗と残念な結果に終わった。そこで気を取り直して再チャレンジ(って普通しないだろ?)したってワケ。

3個ゲット
今日の獲物はHUB(525円)とプリントサ-バ(1980円)、DVD-ROM(1500円)の3個。

早速帰ってチェック。
1.HUB・・・前のより少し古いモデルのようだが、ちゃんと動いた。そんな壊れそうな物ではないので当然っちゃー当然。ACアダプタも付いてるし(^^ゞ
2.DVD-ROM・・・自宅の3号機(RAIDテスト用、PCI-X4本、Xeon2個構成)の光学ドライブがただのCD-RWだった。今時DVD位読めなきゃってことでチェックしたが問題無し。DVD+CD-RWの昔のコンボドライブ。静かだし、これはアタリだ。
3.プリントサーバ・・・コイツだけはジャンクコーナに無かったので、仕方なく中古(保障アリ)コーナーからゲット。こんなもん何するのかって?これは会社で使うため。この前伝票印刷用にドットプリンタを中古で買ったのだが、パラレルポートだけで使いづらいのでLAN直プリンタとして使いたかった。当然ながら問題なく動いた


これまでの対戦結果:5戦3勝(^_^)v
勝率0->6割に向上。この調子で次も行こう(ってまだ買うのかよ)

ハードマニア

先日、バイクの自賠責が切れて継続手続きした帰り(リッチに5年も入れてやったぜ)に、とある店を発見。その名はハードオフ
ハードつっても、ロックとか、ディスク、はたまたハード●ア(自粛、なんて類のものではない。たぶんハード(ハードウエア)をOFF(値下)するって意味じゃないかと思う。要するにいろんなモノのアウトレット屋ってとこ。

以前から存在は知っていたものの、特に必要性を感じなかったので入ることはなかったが、今日は時間もあるし、ちょっと探し物もあるので入って見る・・・ほー、なるほどなるほど。色んなモノがあるな。
時計、カメラ、レコード、オーディオ、アンプやスピーカ。TVや電話FAX、ギターやエレキなどなど・・・。カーナビとかゴルフクラブなんて物まで。
しかし、これらの可哀相な品物たちはかつぴいの気を引くことはなかった。そう、お目当てはジャンクな品物だ。新品で買ったら相当な値段がしたであろう商品がウルトラ安値(捨て値)でワンサカ転がっている。動くかどうか判らない、ましてや保障などあり得ない。これがいいのだ。動けばラッキー、ダメならゴミを金出して引き取ったことになる。このスリルが堪らない。

h-off1.jpg今日の獲物

802.11bな無線AP(アクセスポイント)1050円、10MなHUBが525円。無線はヤバそうだがHUBはイケてるだろう。ACアダプタは付いてないが確か今のが使えるハズ。

帰って早速チェック。
無線AP・・・電源入れて検索すると「default」とかいう名前のポイントが発見できた。が、LAN側の設定がどうにも出来ない。デフォルトであろう192.168.0.1なんてアドレスを検索するが応答なし。怪しげなツールで10.0.0.1から192.x.x.254まで数時間かけて総当り(そこまでやらんでも・・・)pingしたがダメ。くそーハズレか。
10MなHUB・・・1ポート壊れているHUBと入れ替えようと、電源電圧を確認するが、なんと電圧が違う。かたや5Vこいつは7.5V。あちゃーダメじゃん。おいおい、Me●coさんよぉ、同じメーカで同じシリーズな物くらい電圧統一しといてくれよ、ったく(身勝手なかつP)。


対戦結果:2戦2敗(ノД`)シクシク

眩暈(めまひ)

先日ノドに違和感を感じ町医者に診てもらったが、どうやら誤診のようだ。
本人はカゼじゃないっ!って言ってるのにカゼカゼ!と言い張る。まあ、かつPもその道のプロではないので断言出来ないから半信半疑で帰って来た。
帰って早速薬を飲んで寝た。が翌朝出勤前にぬるま湯で顔を洗ったあと、湯がかかった手の部分が異常に赤いのに気がついた。何で??・・・鏡でよく顔を見てみると首も赤い!まさか、と思ってシャツをめくってみると、ハラも胸も赤い、なんと全身赤い!

ちょいグロなので、そのテのものが弱いヒトは見ないこと↓
発疹症状

何で???・・・・ハッ!あの薬かッ!
畜生、あの野郎誤診しやがったな。カゼじゃねぇって言ってるのにカゼの薬出しやがって。お陰でカゼを直そうとする成分が余計にカラダに効いてこんな症状になってるらしい。ひでぇな。しかし時間無いのでそのまま出勤。

会社でも腕まくりした部分が赤くて気にはなっていたが、忙しいのでそんな気にしていられなかった。帰ってまた薬飲んで、ちょっと酒(500ccの缶一本+α)飲んで、さて寝ようかと立った瞬間!強烈なめまいに襲われた。あまりの攻撃に耐え切れずダウン!・・・・・・10秒ほど記憶が無かった。いやん、こんなのハ・ジ・メ・テ。小学生の頃体育館で朝礼してても貧血で倒れなかった俺様が(それ、普通)この程度でダウンするとは一生の不覚。

タミフルでも入ってるのか?と確認するとこんなことが書いてあった。
drag_all.jpggrag_warn.jpg効能+ちうぃ書き

アハハ酒飲んじゃダメじゃん。もしかして発疹するかも?とも書いてあるし。
ダメだダメだ、こんな薬飲んだら一生治らねえ!ってことで翌々日に専門っぽい町医者に行ったのであった。

ワレ、異物ヲ感知セリ

先週からどうも喉に違和感を感じている。何かがずっと引っかかっている感覚がして仕方ない。最初はぷつって小さなデキものが出来たなぁ~って思っていたら、翌日くらいからいやに大きくなった感覚がした。まるでタンが絡んでいるような、あの感じ。咳をしても、タンを吐こうとしても全然出てこない。何か食べてもちょっと引っかかって、喉を通りづらい。

症例を調べてみたら、喉頭ガンだの咽頭ガンだのと、ヤーな名前がゾロゾロ出てくる。これはさすがにヤヴァいと思い近くの耳鼻咽喉科へGo!

初診なことを告げ、問診表に色々書いておねーさんに渡す。しかし、平日のこんな時間(11時頃)は婦女子ばっかりだな。イイ!?男の患者はかつP独りだけ。ちょっと気になるコがいたが、まさかこんなとこでナンパ(死語!)するワケにはいかんよな。大人しく待っていたら「かつPさぁ~ん」とお呼びが。

いそいそと診察室に入り、先生に症状(何か引っかかっている気がするぜ!)を告げる。しかしこの先生、ちょっと口の中を覘いて「どこ?」って聞く。ハッキリわかんねーよ、この辺にあるんだよ!と申告すると「ん?ならスコープで見てみるか」とファイバースコープを突っ込んできた。オエーーっヤメロォォ!!っと心の中で叫ぶ。

ちょっと見て一言
Doc  「アハハ風邪だよカゼ。ちょっと扁桃腺が腫れてるだけ」
katupii 「へ?」
Doc  「風邪の症状なんで薬出しとくから」
katupii 「でも全然風邪っぽくないし、なんか舌の奥のほうにブツブツ見えるんすよ?」
Doc  「だぁいじょうぶ、大丈夫」
katupii 「はぁ・・・」

で、こんな薬をもらって退散。
drag1.jpg飲み薬5(内抗生物質1)うがい薬1個
帰って飲んで寝た。
翌朝何気なく腕を見たら真っ赤!よく見るとハラや胸もまっかっか!!
ハァ?何で?・・・・・・・・・そうか、薬だ、あの薬しかない!
一時的なものかと思い、また飲んで仕事へGo

仕事から帰って来たその夜、あの、おぞましい事件が起きたのであった・・・

神 降臨

今日の一品はCPU。パソコンを多少なりとも知ってるヒトはご存知の物。これがなければ所謂タダのハコになってしまう主要部品の一つ。
CPUとはCentralProcessingUnit(中央演算処理ソーチ)の略号。この用語が使われだしたのは大体30年くらい前から。パソコンで使っているCPU以外に、大型システムでもこの用語は使われているが、これは一つのタワー部分を指している事が多い。昔はCPU(BPU)、記憶装置、IOU(入出力装置)等、一つの筐体(2m前後のタワー)のことを言っていた。しかし最近は高密度化が進み昔のように10数本もタワーが並ぶ巨大なシステムから1~3本までに小型化されている。
一方、パソコンのCPUは1個のLSIを指して言うが、これはIntelが1971年(昭和46)年に開発した4bitマイコンi4004が最初だったと思う。その後8008,8080,Z80,8086,80186,80286,80386,Pentuim1~4,Core2Duoと発展して来た。トランジスタ数もi4004の2000個からCore2Duoの約3億個まで肥大化してきた。

今回ゲットしたのはIntel Xeonプロセッサ。
xeon1.jpgxeon2.jpgxeon3.jpg

XeonもPentium2からPentium4Xeon。その後は単にXeon XXXXプロセッサと呼んでいる。Pentuim4時代のXeon(Prestonia)を2個ゲット。対応マザーボードは去年ゲットしておいたGigabyteのGA-8EGXDRE。RAIDカード向けにPCI-Xスロットが沢山あって中古で1万円だったから即決。最初はCPU1個しかないため(HTで2個に見せ掛け)ちょっとモノ足りなかった。開いてる穴は埋めたくなるのが男の性。だからもう1個ゲットしてみた。
RAIDのテストと、最近流行の仮想化システムを試すのがメイン。以前はTyanのTigerMPXでAthlonMP x2個構成だった。
2.8Gx2個(HT ONで4個)とメモリ256GBではVMwareにはまだ重い。そこでVGAカードもオンボードのしょぼいのではなく、今更PCIで64MB(AGPスロットすら無い!)な中古を入れ、メモリも1GBに増強してやっと使い物になった。

仮想PCなんて何個も作ってナニすんの?ってツッコミは無しで。
手段が目的と化してるって話もあるので(^^ゞ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。