スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一品:世界最速

世界最速・・・それは夢、ロマンそして憧れ。
最強!最速!と言うキーワードは男にとって永遠のテーマ。ロボットや戦隊もの、ヒーローに夢中になった少年時代、バイクや車、飛行機などを追いかける大人達。そんな永遠の少年(大人になりきれない子供・・・かつP)もそれは同じ。

コンピュータの世界も常に軽薄短小、性能、消費電力の向上に日々邁進している。そこで今回ゲットしたのはハードディスク。パソコンを使っているヒトなら必ずお世話になっている大容量記憶装置。リッチメディアに対応するため年々大容量化し、最近は1台500GBもの容量になっている。また大容量化と平行して高速化も図られており、今回はその最速モデル。

15K147a.jpg15K147b.jpgHSGT Ultrastar15K147
現在発売されている製品で単体のディスクとしては最速のクラス。内部転送速度はなんと1129Mbits/Sec。超単純に計算すれば1秒間に140メガバイトものデータを転送出来ることになる。CDROM1枚のデータをわずか5秒で後れるのだ!まあ、実際はSCSIインターフェースの速度、HBA(SCSIカード)、内部バス、ドライバ、CPUの速度等に影響されるためこの半分も発揮できない。とは言っても早いに越したことはない。
ライバルとしてはSeagateのCheetah15K.5、FujitsuのMAX3シリーズ。どれもが内部転送速度1000Mbit/sを越えている。そのぶんお値段も高いけどね。
これ以上の高速化を狙うならRAIDサブシステム。莫大なデータを扱うIDC(インターネットデータセンタ)向けの所謂エンタープライズモデルならPB(PetaByte:1000GB)クラスがゴロゴロしている。キャッシュメモリも数十GB搭載しておりボトルネックになっているのは、もはやインターフェースの速度だけ。4Gbit/sのファイバーを使ってもまだ追いつかない(笑


IBM:System Storage DS8000
EMC:Symmetrix DMX-3
NEC:iStorage4900
Fujitsu:ETERNUS8000
Hitachi:SANRISE USP
これは極端な例。メインフレームやサーバー含めて億単位の導入コストなんで参考にはならないか。


Vsitaも出たし4年前の構成なメインマシンもそろそろリプレースの時期に来ている。
HDDに合わせて最速な構成にするかなぁ。でもクルマもボロボロだし・・・どーしよぅ
スポンサーサイト

SEROW テールランプV4

1/18の記事にこんなことを書いてたが、やっと実現しそうだ。
密かに開発を進めていたのだが、気に入ったモノにならずに暫く放置プレイ状態だった。最初はスケッチ、次は折り紙、そして試作...折り紙は10枚程度作ったかな?スケッチして鉛筆と定規で適当に線引いて切って折る。まあ仕事から帰ってきてからボチボチ考えてたので全然進まない。すぐ諦めてテレビ見て寝たり(^^ゞ

金具がモノになりそうなのでLEDを実装してみた。
v4h.jpgLED接着
パワーLEDを固まる放熱用シリコンで直接接着。パソコンのCPUで使ってるヘタな熱伝導シールを間に入れるよりこっちのほうが熱を逃がすには絶対確実。ウインカーと違って発熱量が全然高いので板の材質も今回はアルミから銅板に変更した。

次にこれをドライブする回路の作成。
v4c.jpg駆動回路
基盤のカットはバージョン3と同じ。回路は簡単なのだが、発生熱量がかなりあるので電流制限抵抗もワット数の大きく耐熱温度の高いヤツを使わないとマジで焼けコゲてしまう。


LEDが固まったら板を曲げて基盤と接続する。
はてさて、どんなシロモノが仕上がるか。乞うご期待。

今日の一品:ゆべし

今日はお菓子。
ゆべしって聞いてもピンと来る人はそう多くないのではないだろうか。北斗の拳などでよく聞かれる「オアータタタタアベシッ!」とかの戦闘用攻撃的音声、ではない。
ゆべし(柚餅子)はかなり古くからあるお菓子で、もともとは字のごとく柚子を使った米菓子。柚子の実をくり抜いてその中に米粉、水飴、餡などをいれて蒸した中身は羊羹的な食べ物。柚子を使わずに中身だけの製品もゆべしと呼んでいることもある。年配の方には馴染みがあるんでないかなー。
綺麗で見栄えのするスイーツが氾濫する今となっては地味~な存在。

で、それを例の北海道物産展でゲットして来た。当然「昆布たら」もセットで入手(^^ゞ
yubeshi.jpg3兄弟?
売ってたのはこの3種類。北海道なのになぜかきびだんごとふんだんに採れる昆布を有効活用した昆布もち。もう一つは胡桃を入れたくるみ餅。ベースとなる材料は同じなので食感はシャリ、ムニュムニュって、ほぼ同じ(変な擬音かな?)。味はそれぞれの特徴が出ている。お値段も1個100円前後で、微妙というか気持ち高いよーな気がしないでもない(^^ゞ
きびだんごは道内でもう一種類あるのは確認している(かつぴいホームページ - あやしい北海道 - 食べ物 - 土産物参照)。ちなみに全部セイコマに売ってた。かつPはもちろん5個入りセットをゲットして喰ってたゾ。


こんなもん好んで喰ってるようじゃ、おいらも歳かなぁ(-_-;)

今日の一品:スーちゃん

今日の獲物はすーちゃん。
すーちゃんっても食べると何やらスースーしたり、その辺に歩いてる幼女のことではない。寿がきやが作っているラーメンのイメージキャラクターのこと。決して誘拐とかしてきたワケではないので、そこんとろこは勘違いしないで欲しぃ。
数年前まで近所のユニーに実店舗が入っていたので、ごくたまに入ってた。遠い昔、学生だった頃にガッコ帰りに時々寄ってはらーめん 250円(?だったかな)を食べて飢えをしのいでいた。時々とは言っても月に数回行ければいいほう。お小遣いも月数千円しかもらえない貧乏学生だったので250円はかなりな大金。肉増し+玉子入りの特製ラーメン370円なんて夢のまた夢。期末テストなんかが終わったあとの打ち上げ(さみしーっ)にダチと喰ってた位。今はそれぞれ270円、390円。どこぞのラーメン屋みたいにちょいトッピングしただけで1000円超!?なんてことはない良心的価格。

最近はインスタントがあるので、通販で大人買いしてたりする。
sugaki1.jpgsugaki2.jpgインスタント
リアル店舗には和風とんこつしかないので他は貴重品?でも味噌煮込みうどんはよくスーパーの特売とかで80円位で売ってるけど。パッケージのキャラに、スーちゃんがいるでしょ?

su_st1.jpgsu_st2.jpgストラップ
この前ネットオークションを彷徨っていたら、たまたま見つけたので即確保。けっこうカワイイっしょ?このストラップ、昔店舗で売ってたとか配っていたとかのウワサだが。まあ、今となってはレアアイテムになってしまった。このストラップにはゴールドバージョンもある。いわゆるスーパーひとし君みたいな感じ。
他にも先割れスプーンや茶碗とかもあるようだ。

このスーちゃん、どうやら家族がいるらしい。ちなみに弟はプーちゃん。ウソかホントか知らないが二人あわせてスープだそうな。あっ・・・あまりにベタ過ぎてコメントする気に(^^ゞ。本家でも正式に解説がないので本当のところは不明。もっと知りたいヒトはWikiとかググってみるといい。

あー、こんなこと書いてたらまた店舗で食べてみたくなったYo。実家に帰れば近くにあるんだけど、そこまでして行くモンでもないし・・・また全国展開して欲しいものだ。

マジ頼んますぜ(*^ー゚)b
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。