今日の一品:ノートPC

今日の獲物はノートパソコン。
パソコンは何台もあるので、別に困っているワケではないのだが、部品取り用に1台ゲットした。モノはIBM(現Lenovo)のThinkpad S30。10.4インチ、B5サイズのサブノート。2001年に発売されたモデル。モバイルPentium3_600MHz,Max256MBと今となっては寂しいスペック。動画や画像処理、ゲームをやるにはもう無理だが、Webブラウズ(ネットサーフイン!?)やメールチェック、文章を打つ位ならまだまだ問題無く使える。
また液晶のワクにミミ(無線LANのアンテナが仕込まれてる)があるので耳フェチにはタマらないらしい。ミミだけではなく、このサイズでキーボードも12-14インチのノートと同じ大きさで、大バッテリで実質5時間近く持つのはこれしかない。だから今でもかなり人気があるようだ。

ノートはもう5台目だろうか、CASIO Cassiopeia FIVA(102)から始まりIBM Thinkpad i1124,240Z,X31,S30と遍歴を重ねてきたが、今使っているのはX31とS30だけ。FIVAはあまりに不具合が多く(苦笑、早々にバイバイ。その後は安定路線を走って来た。S30は寝床用として夜な夜な活躍しているワケだが、5年も経つと各部が怪しくなって来た。

S30.jpg
そこで予備兼部品取り用に1台ゲット。もちろんネットオークション。最初のも中古だったのだが、これが調子悪く
1.LCD表示が暗い
2.10分もしないうちにバックライトが切れる
3.キーボードがテカテカしている
4.HDDから異常音
と見事に使い込まれた中古品だった。だからチマチマ部品を揃えて直して使っていた。しかし完全体になったワケではなく液晶のワクなんか割れたまま。hinge.jpg


ってことで、2コイチするための準備開始をする。
まずは基本の分解掃除から始めよう。
スポンサーサイト

今日の一品:太陽電池

今日の獲物はソーラーパネル。実はこれ去年買ってストックしていたモノなんだけど、最近やっと使い始めたのでってことで。
モノはICP SOLARのSunsei Solar Charger SE-135(当時の商品名はBattery Saver SE2)。スペックは2Watts(135mA@15V)なので大した発電量ではない。
何に使うかと言うとバッテリ上がり対策用。バイクや車なんか、しばらく乗らないとバッテリが自然放電していて、いざ乗ろうとセル回してもきゅるきゅる、きゅ・・・ウヲッ、マジで?って悲しい憂き目に会うことがあるでしょ?そこでこれを付けておくと、あぁら不思議いつでもセル一発。
完全に上がってしまったバッテリをフル充電する力はないが、乗らない間に自然放電する量なら十分補える。

ってことであまり乗らないバイク用(何回もアガって泣いた)にゲッツ。まだ何ヶ月も乗らずに放置しているワケではないので効果の程は証明できてないが、必ずや真価を発揮してくれるであろうと期待している。これからの季節は特に乗らなくなるからね。

これを付けっ放しにしておいてもいいのだが、雨で壊れては困るのでカバーをしてどうなるか試してみた。
DSCF1074.jpg
ノーマル状態。曇りでも20V以上出ている。
DSCF1072.jpg
カバー(コンビニ袋の透明っぽいやつ)装着。
結構下がるかと思ったが、意外と0.3V程度しか下がらない。これだけ見ると電圧高過ぎでねぇ?って思うけど、バッテリに繋ぐと12.5V程度になるので問題ない(いわゆる開放電圧ってやつ)。タダのワリには十分実用になることがわかったゾ。これでバッテリ上がり対策はオッケー!
しかしこれにも盲点がある。オイルとタイヤとウデの劣化は止められないのだ。特にウデは簡単に上がる(なまる)から(^^ゞ


*注意:過充電になるので長期の付けっ放しは(・A・)イクナイ
バイクでもクルマでもYome(ゲフンゲフン でも、乗り物系は何でもいつもちゃんと乗ってやらないとスネられるってことです、ハイ

北海道ツーリング(その6)

・9/7 6日日

・・・何時だろうか?誰か部屋から出て行ったような気がする。もう起きてベッドで本を読んでいる奴もいるようだ。
夜早かったせいか早起きだな。天気が悪いのでまた寝る。
メシで起こされる。しばらくして降りて行くと全員集合して、それも半分くらい食い終わってる。早っ。俺もなんとなく食っておしまい。しかし天気が悪い。雲低く流れも早い。これではとても晴れそうにない。聞くと海沿い(釧路あたり)は雲が少ないようだ。しばらく考えていたが、明日もこんな状態らしいので出発することにした。摩周湖の日の出を見に行くのはまた次回。
出る間際にようやく聖子さん(宿主奥さん)とちょっとバカな会話ができた。最近はなんか落ち着いちゃったのかな?
10:00出発。美羅尾山も頭が隠れていていつ降り出してもおかしくない。イケるだろうと思ってカッパを着て出なかったが、弟子屈の街を抜ける頃にバラバラときた。くそー。仕方なくパーキングシェルターで武装して発進。天気が良かったら釧路市街に繰り出して、フレンチドッグやらスパカツやらを食って、阿寒の街中に行ってえぞ鹿バーガーやらダチョウバーガーやらをゲットするつもりだったのだが、全部おじゃんく。もうちょっと日程に余裕があればなー、連泊してゲットしに行くんだがなあ・・・とか思いつつ走る。今日はどこ行っても雨だろうから諦めて、いつもの宿に直行するしかない。
しばらく走って阿寒近くになると急に気温が下がってきた。霧雨ぽい雨+メットのシールドの中もハアハア(;´Д`)した吐息で曇ってしまってまるで見えない。幸い前は遅めのトラックなので大人しく後ろを付いて行こう。
この阿寒横断道路は双湖台展望台あたりが一番標高が高い。手元の温度計を見ると14.8℃。1.5℃ほど高めの表示をするから13℃くらい。体感は10℃割っている。DSCF0776.jpg

うーさぶぃ。でもこんな雨ん中全部脱いで長袖着るのはかなり面倒だ。駐車場でちょっと悩んだがやっぱり発進。あと2時間もかからないので我慢しよう。シトシト降る雨の中を淡々と走る。12頃足寄到着。ライダーおなじみのホクレンでガスチャージする。とそこには先客のライダーが一人。CB400だろうか、ホンダのかなり古いバイクだ。聞くと彼は旭川まで行くらしい。あと3~4時間ってとこかな。俺?俺はもうすぐそこなんで。と、つかの間の休憩と気分転換。よし、宿まであと30分。気合入れて発進。
DSCF0778.jpg

10kmほど走ると、国道ワキに鷹の巣なる軽食店ハケーン。プレハブのあやしげな店が出来ていることは数年前から確認していたが、えぞ鹿とか、アイスとか、地鳥ザンギとか怪しいジャンクフードばっかりだったので入る気にならなかった。しかし最近はライダー情報誌とかに載るようになって多少有名になったらしい。☂だし、スルーして12:30宿に到着。ちょっと早過ぎかな?
CIMG0224.jpg

今日のお宿は「ちろんぬっぷ」(写真は晴れの日のもの)。もうわかんないくらいお世話になってます。秋田さんが15年ほど前に某社員寮(学生寮?)を買い取って始めたのんびり・ゆっくり派の宿。食事は自家農園で作ったものがほとんど。何と言ってもありがたいのは朝起こされないこと。朝寝大スキなかつPにとってはタマリマセン(昼前に起きて朝ゴハン出してもらったことも(^^ゞ)です。気球の体験搭乗もやってます。天候によって必ず乗れるとは限らないが、これはマジでオススメ(この日は朝が超早い)。
カッパ脱いで荷物を降ろす。完全武装していたのでグローブ以外、中には浸水していない。よしよし。しばらく休んでいたら、もう一名到着。誰?早いんでないかぃ?って俺も早過ぎる到着だが(^^ゞそしたらまあさん(宿主奥さん)がO君来たよ、お茶でもどう?って誘う。空港からレンタなんで夕方来るかと思っていたが、天気もワルいんで帯広市内で回転スシ喰ってから直接来たとのこと。
あー俺もハラ減ったなー、どこ行こうかなって話してたら、フォーシーズンのオムライス+ぱふぇ(完食できれば神)でどうよ?とか、あんだらやでいんじゃね?あそこのソバ屋は?とか。てかもう15時過ぎじゃん。キリ無いんで、とりあえず宿の車借りてフラフラ出かける。町内のA-COOPでメロン探すが、とっくに時期は終わってて残り香すら感じない。しかたなく士幌まで行くがめぼしい食堂等は見つからない。面倒なので道の駅ピア21しほろで「うなわさ丼」なるものをオーダー。
DSCF0781.jpg

この辺でウナギなんて捕れる?と思いながら喰う。1100円は高い。同じ後悔するならさっきの鷹の巣で500円のもみじ丼にすればよかった。隣で軽く土産物物色して、帰りに農協に寄ってメロンを実家に送る手配。3個で送料込み4500円は高いが、まあよかろう。もう探すのも面倒。日も暮れてきて天気も気分もブルー。

宿に戻ってしばらく休憩。その間にデジカメから画像取り込んだり、GPSからログデータを取り込む。しかし今回コイツは大活躍だな。走行ログが取れるのはもちろん、かなり細かい路地まで出るのでほとんど道に迷うことはなかった。欲を言えばもうちょっと動作が速くてカラーとかで見やすければなー。この条件を満たしてくれる後継機は出てるには出てるが、10万近いのでとても買えそうにない。

宿パソでネットでお天気チェック。十勝は降らないまでも曇りみたいな感じ。メシ喰って、近くのフロ(ふれあいプラザ340円)行ってからこれからの天気やら、XXバーガー食ってきたZeとか、どこ行くかなーとか、とめどない話をしていたら0時半過ぎていた。俺も旅の後半戦。疲れも出てきて眠い。
明日はとりあえず帯広市内へ繰出そうか。

本日の走行:130km(総走行距離1800km)


*おまけ
DSCF0775.jpgDSCF0779.jpgウシ関係の看板。
ホントはナイスバディなおねーさんの看板をアップ(あやしい北海道-看板-メッセージ系の真ん中あたり-に乗せてます)したかったんだけど、老朽化でフツーの看板に書き換えられてしまった。一部のコアな旅人には大人気だったんだけど・・・ざんねーん!!

ソバはパスタ?

先週のことだが、また山梨近辺まで走りに行ってきた。スーパースポーツで走りに行ったんだから攻めに行ったと言えばいいのに・・・って、どっかで聞いたような言い回しだが、気にしないでおこう。
ま、ヘタレがいくら攻めてもショボイ走りしかできないワケで、これまた己が下手クソ加減に怒り、呆れ、疲れ果てて、また例の道の駅にPitin。今日はライダーが多いな。

心地良くない疲れを癒すため、酒蒸しまんぢうなぞを頬張って売店をウロウロ(またかょ)していたら新そばを発見。
soba1.jpg
見たまんまのソバ

1週間ほどソバを放置していたが、ちょっと食べて見ることにした。何人前か書いていないので、鍋に全数投入。調理方法はタップリの湯でゆがいてくれとしか書いていない。見たところ、このそばの量に対しこの鍋では荷が重過ぎるように見える。そもそもタップリとは麺何gに対し湯が何ccのことを指すのか?マニュアルにちゃんと明記して欲しい。初心者にその表現では難解である。
soba2.jpg
どうも湯が足りないようだ。ゆがくと言うより煮ているような気がする。麺の投入量を間違えたようだ。かと言っていまさら揚げるワケには行かない。そのまま調理を続行する。時間の経過と共に鍋の中があんかけの様相を呈して来た。ううむ、カタクリ粉など入れた記憶は無いのだが、どうしたと言うのだ?まるでイリュージョンを見ているようだ。
数分煮て網で水洗い。しかしソバというモノはこんなにネチャネチャした麺だったのか。今初めて気が付いた。ラーメン屋よろしくチャッチャッと網を振って水を切り、竹で編んだザルに乗せて・・・って、よく考えなくてもウチにはザルが無い。仕方無くうどん用の椀に投入する。
鍋にはまだドロっと煮えた物体が半分残っている。また水切りをして投入。
soba3.jpg
じゃーん!完成
すんごい量。そばがこんなにも膨張率が高いとは思わなかった。文字通り山盛り。

・・・って、おい!量を間違えただけじゃねえのか?少なそうだとか言って3袋全部入れてたじゃねえか!ゆがくんじゃなくて煮てんじゃん!パスタじゃねえんだよ!ソバはよ!!

さて、お味は・・・
( ゚Д゚)マズー

さらに、つゆが足りねぇ

足りないつゆの代品として昆布醤油を適量投入し補う。それも1/3残ったところでだ。味などはどうでもよい。目の前の課題をただ黙々と処理するのみ。


これで当面そばの必要性は無くなった。

セローウィンカー つづき

前回は放熱板の形状を考えたが、今回はその続き。
パワーLEDをしまりす堂でサンプル購入し実際に組み上げてみた。

DSCF1085a.jpg
適当に作ったので、放熱板の形状はまるでウソ。と言うよりあの形状に切るのは素人ではかなり困難だと判明したのでこんな形に(^^ゞ
紙でレンズに合わせたのを切り出して、アルミ板をそれに合わせてカットする。基板のほうは、まあこんな感じ。抵抗はテストなので1Wを使っているけど本当は2Wが必要。
で、どれくらい明るいかテストしてみた。

lmpt1.jpg
まずはノーマルの10Wランプ

k2t1.jpg
そしてパワーLEDx3個の試作品。明るさはノーマル以上だと思う。
(もちろんシャッタースピードなんかは統一してあるよん)両方とも12V駆動なので、実際はもう少し明るくなる。
だだし、この状態だと熱ダレが起こってすぐ赤黒くなってしまう。触るとマジに熱いので放熱板は必須だと痛感。

次回はちゃんと放熱板をカットして、LEDを乗せたものを試作してみよう。
しかし、今回はおサイフにキビシイ。4個で1万円!もするしぃ。

くろよん

先週の話だが、同じ会社のメンバーで黒部ダムに行ってきた。
もちろんバイクで。
最初は7-8人だったが、大事な用事?とかで減って6人。日帰りが一人いたので泊まりは5人まで減った。これでもまあ集まったほうかな?なにしろバイクや車は危ないだの何だの文句言うだけ言って何も助けてくれない会社なんで:-P
DSCF1197.jpg
長野のあたりはちょうど紅葉が里に降りてきたところで見頃だった。
場所にもよるが、北アルプスは山頂付近に雪がチラホラ見られる。現地の黒部ダムあたりはほぼ紅葉も終わっていて枯れ木が冬の訪れを告げていた。
DSCF1149.jpg

DSCF1153.jpg


ダムの売店で土産物を物色していたら、またまた戦隊モノ発見。DSCF1170a.jpg

その名も「発電戦隊クロベダムマン」。一応メンバーを紹介すると、ボウスイブルー(得意技:放水アタック)、ハツデンゴールド(放電スパーク)、オコジョピンク(見張り)。敵さんはホワイトアウト(ホワイトアウトストーム)。
・・・ま、まぁそのままっつえばそのままだけどね。ただ、どうも語呂が悪い。かつP的には「クロヨンマン」って言ったほうがいいと思うのだが、どうだろう?。他のダムに売店は無いんだし。

しかーし、かつPはその隣にひっそり佇んいた「立山戦隊ライチョウレンジャー」も見逃さなかった。こちらノメンバーは5人。ライチョウブルー、レッド・・・と言った例の配色。敵キャラはいない代わりに「ライチョウレンジャーからのお願い」が書かれていた。うむ、確かにレンジャーは自然を愛し守る人。こちらは無理がない(笑
とりあえず「ホワイトアウト」と「ライチョウグリーン」をチョイスしておいた。

DSCF1223.jpg
荷物が載らないだの、ライディングに影響が出るだの、カネ無いだの言い訳しながら、こんなに買っていたりする。結局「花よりダンゴ」なのか・・・

北海道ツーリング(その5)

・9/6 5日日

時々眼が覚めて外を見ていたが、利尻がはっきり見えているので天気は良さそうだ。久しぶりに朝飯で納豆。やっぱ日本の朝はこれだね。人間的にも健康的でよろしい。普段はカップラとかオニギリとかロクでもない食生活してるし、生活も超不規則なので余計そう感じる。
今日は弟子屈のいつもの宿へ行こうか。ここからだいたい400kmはあるので早めに出発の支度をする。
宿主が「あれ?今日はもう戦闘モード?」と聞く。こう見えても、岬とかオロロンラインで海を見て呆けてるだけのおぢさんぢゃあないんですぜ。
DSCF0733a.jpg

ムック(宿犬)にバイバイして09:45出発。
まずは、うまい水が沸いているというJR下沼駅へ向かう。途中やっぱりオロロンラインで写真撮っていたが、今日のところはこれで許してやろう。
Just1時間で到着。駅前にジャージャー出てるって話だったが・・・おお、確かに水道管みたいのから水が勢い良く出っ放しになってる。
DSCF0748a.jpg

ちょうどそこへ地元のおばさんらしき人が水を汲みに来たので、この水の謂れを聞いてみた。話はこうだ。
その昔この辺が栄えていたころ、川が近場に無く飲み水に困っていた。そこで穴を掘って水を出した。しかし今ではすっかり寂れてしまって、残っているのはこの水だけ・・・確かに駅はプレハブの無人駅。駅前だと言うのに建物一つ無く、見回しても畑と民家がチラホラあるだけだ。何一つ往時を偲ばせるものはない。これが地方の現実なのだろうか・・・ちょっと話して、ペットボトルに水を汲んで出発。また来よう。
幌延~音威子府経由、美深へ。途中アヤシイ看板なんかをちょこちょこ撮りながら走る。
DSCF0752.jpg
幌延の街中でこんな看板を発見。
こんな田舎の街中にもHGラモンの影響が・・・
DSCF0751.jpg
そのちょっと先にこんな看板。
廃サイロに「大スキ」なんて、なかなかイカしてるじゃないか。
美深の道の駅でちょっと休憩して、土産買ってメロンなんかを食っていたらもう13時前。あまりボケっとしている時間は無いゾ。
名寄の前で分岐、山へ入る。最短ルートで興部まで集中して走った。14時に道の駅興部。サロマ湖までまだ80kmもある。用を足して即出発。さらに1時間集中してオホーツク海沿いを走る。この辺はいつも寒いのだが、今日は天気もいいせいか、さほど寒くない。
15時過ぎにサロマ湖到着。目標の店までもう少し。道の駅を過ぎて、ようやくお目当ての北勝水産到着。ここは本来、水産物の加工業者なのだが直売店で多少販売もしている。その中でも、今最もアツイのがほたてバーガー。ホッケとかホタテとか、今回はバーガーづくしのような気がするが気にしない気にしない!。中の売店で早速オーダー。もちろん鮭バーガーもセットで。
DSCF0764a.jpg

ホタテ300円、さけ280円。大きさはビッグマック程度、お値段もリーズナブル。通常はこれ2個で十分ハラは膨れるだろう。飲み物はペットボトルに入れていた下沼の湧き水。バーガーは普通にウマイのだが、さっきからハエが気になって仕方ない。隣のテーブルを見ると、なんと10匹近くも乗っていた!一匹二匹程度ならそんな気にはしないが、こうも多いとアフリカなどでライオンにたかっているのを連想してゲンナリしてしまう。店員は気にならないのだろうか?もともと水産加工場にはハエは付き物だとは思うのだが・・・おっと、もう16時前。さて、あとは宿まで走るだけだ。
近くから内陸に入ってショートカットの山道を走る。美幌市内~美幌峠(寒かった!)を越え17:30弟子屈の宿に到着。ちょっと天気が怪しくなってきた。先客はバイク数台と車が少し。まあまあってとこかな?
CIMG0059.jpg
今日のお宿は「鱒や」。フィッシングとアウトドア好きな橘さんが建てた宿。ここも何回もお世話になってます。冬でもアシさえ確保すれば結構楽しめるロケーションにあって、摩周湖とかはココから何回行ったかわからないほど。基本は釣りの宿だけど、写真ウデもなかなかのもの。
宿主氏と2年ぶりに再会。カメラの話とかでしばらく話込む。しかし人数が多いワリには、今日の同泊の連中は皆寝るのが早い。結局俺が一番遅かった。奥さんも引き込んであまり話が出来なかったし。久しぶりにまたバカな会話が出来るかと思ってたので少し残念。

11時過ぎに部屋に戻ると真っ暗。仕方なく俺もソッとベッドに入って横になる。
明日は天気が悪いようだ。摩周湖の夜明けを見るのは無理かな。


本日の走行:450km(総走行距離1670km)


*またまた登場、本日のGPSログgPS0906.jpg
今日はメジャー国道を走ってるゾ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
過去ログ
ブログ内検索
リンク